おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.74
  • (504)
  • (481)
  • (726)
  • (76)
  • (31)
本棚登録 : 4634
レビュー : 421
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091512185

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人に会いたくなった

  • ウェブ漫画で期間限定で無料で読めるとのことだったので、初めて浅野いにお作品に触れました。
    初っ端から引き込まれる世界観でした。
    こういう世界がきっと、どこにでもあるはずなのになぜか心が強く締め付けられました。うまく感想は述べられませんが、ただ、最後までしっかり読みたい漫画の一つになりました。

  • シュール!!まず主人公がシュール。
    そして小学生を取り巻く環境なのに内容がなかなか大人っぽい感じ。こうやって大人になってくんですかね。
    まだどのへんがおやすみなのか理解できないでいます。

  • 狂人、不審者が多い。主人公の一族はヒヨコのような風貌をしているが、誰も突っ込まないまま話が進んでいく。ギャグ漫画のようでもあり陰鬱な話でもあり説明もあらすじも書きづらい漫画だが、プンプンみたいな暴走の仕方をする奴が好きだったりする。でも一番好きなキャラは晴見俊太郎。

  • 想像とは正反対とも言える。ブクログ評価をみるかぎり、好き嫌いわかれるものだと予想はしていたけれど全く合わなかった。読まなかったことにしようか。

  • 最終巻が出てそっちのレビューを書いたところなので
    1巻も書こうかと

    6年も前なんだね、プンプン1巻出たの

    とうとう終わってしまった…
    この1巻から始まり13巻で終わったプンプン
    大好きな作品になりました

    浅野さんの作品は総て持っているけれど、2番目に好きだ
    1番はうみべの女の子

    意外と伏線あったんだなー…と読み返して気付いた

    きっと、まだ気付いて無い部分とかまた少し経ってから読んで
    分かること、思うことが違うんだろうな

    これは買っていて良かった
    ずっと、待っていて良かった

  • 青少年の幼少期の性の芽生えがえぐいほどリアルに表現されている。読んでいて時々現実に戻って来れなくなる。神様の顔が槇原敬之似。めちゃくちゃに可哀想。続きが気になる。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「神様の顔が槇原敬之似」
      気になる、、、浅野いにおは、「ソラニン」が図書館にあったので予約予定。。。
      「神様の顔が槇原敬之似」
      気になる、、、浅野いにおは、「ソラニン」が図書館にあったので予約予定。。。
      2014/03/27
  • 不安定な家庭の中で暮らしていた小学生の男の子、プンプン。ある日、父親がDVで捕まり、母親は入院し、離れ離れになってしまう。
    そんな時にやってきた転校生・愛子ちゃんにプンプンは一目惚れ。順調に距離を縮める中、プンプンは愛子ちゃんの秘密を知ってしまう。

    個人的な決まりとして、1巻のレビューではあらすじから入るようにしているのだが、これで合っているか不安である。決して恋愛がメインではないし、かといって成長譚とも違う。シュールな登場人物、プンプンだけでなく他の児童も背負っている重い家庭環境、どうしようもない絶望一歩手前を歩くギリギリのストーリー展開。このシュールささえ大丈夫なら、ハマるだろう。

    特徴的なのは、大人のキレ具合だ。普段は普通に社会生活を営む人として描かれているのに、突如として壊れる。その対比として、大人に真っ向から対抗する力もなく巻き込まれるプンプンたちがいる。

    だがプンプンたちはプンプンたちで、小学生らしい生活を生きている。男子と女子で張り合ったり、エロ本を探したり、誰も近づかないようなところに冒険したり……。かわいらしい小学生の生活と、それを取り巻く絶望的な大人の世界のバランスが絶妙だ。

    何より驚いたのが、プンプンの家系の人物がすべて「鳥」で描かれていること。この展開と、自分のシュールさを見越した上でそうしたのなら、とんでもない作者である。

  • 生々しい。一度臭いと思ったものをなんとなく興味本位で二度嗅いでしまうような、そんな感じでした。どんどん惹きこまれていく。気持ち悪かった、けどやめられなかった。

  • なんでしょうね。
    落ち込んでいる時には読みたくないんですけど、
    読むとスッキリするというか。
    現代人の抱えている悩みを凝縮してるんですよね。

    小学生の頃は全てがキラキラに輝いていた。
    大人になるにつれ、キラキラを見つけることが難しくなったけど、
    次に手につかんだものは絶対に離さないように生きたい。

全421件中 1 - 10件を表示

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)のその他の作品

浅野いにおの作品

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)に関連するまとめ

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする