ムジナ (1) (ヤングサンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.28
  • (15)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091514813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久々に再読。相原コージの忍者漫画。
    実験作であり文字も多すぎるが,
    筋立て自体は意外と面白い。

  • ヘタレ忍者の活躍を描いた忍法武芸帳の流れを汲む傑作。ふざけた内容かと見せかけて伏線は張ってあるので意外性にも納得がいく仕様。忍者特有のドライさが滑稽であるのは流石ギャグ漫画家だと思う。

  • 落ちこぼれ忍者の息子が主人公の忍者漫画
    ストーリーはとってもシリアスなんだけどそこは相原コージなのでギャグ満載。描写がグロかったり生々しいけどどこか面白い。絵は古いが読ませる技術がすごい高いんだと思う。

  • 某所で評判を見て購入。とりあえず様子見で3巻まで読了。

    ニンジャとウンチクとギャグとスプラッターがぐちゃぐちゃになっていてなんだかとんでもない読み味になっている実験的な忍者漫画。

    大事な仲間が死ぬシーンや血みどろの殺し合いのシーンで唐突にギャグ描写やいらぬウンチクが入っているなど、笑えばいいのか泣けばいいのかすらわからないようなシーンが頻発するので最初は戸惑う。しかし単純な善悪で判断できないようなグレーなシーンが積み上げられていくことで結果的にはなんとも言えない奇妙に味のある漫画になっている。

    こういった漫画の中では「キャラクターが何を考えて行動しているか」がしっかり考えられている部類で、特に主人公であるムジナは序盤でバックボーンが丁寧に語られるので「任務の成功や仲間の生存などどうでもいいからとにかく一人でクソにかじりついてでも生き抜くのだ!」というスタンスへの納得度が高い。端から見ればかなりダメな奴だが、読者はしっかり共感して読むことができる。そこが熱い。

    もう少し続きが読みたい。続刊も買ってみようと思う。

  • たぶん、これを超える忍者モノは無いんじゃないかってくらい面白い。
    忍者だけじゃなく、人間の、汚物を垂れ流してでも生き抜く本能も見事に描いてる。
    だからこそ節々で吐き気がして、心にぽっかり穴が空く。
    相原コージの代表作と言ってもいいと思うんだけどな。

  • リアルな忍者漫画。
    妖術やチャクラとか、非科学的要素があまり無いのがイイ。
    無駄に下品なのはマイナス。

  • これは最高のニンジャ漫画やで!!!

  • このマンガには,格好いい登場人物はいない。

    みんな平凡で,薄汚くて,狡くて,臆病で,滑稽だ。

    ただ生きることに精一杯なそんな人たちが,泣き出したくなるような恐怖に抗い,意志の力のみ頼って一瞬ヒーローとなる姿が描かれている作品で,読むと勇気がわいてくる。(本多)

  • ギャグ漫画家が描くシリアスというのは、なんと言うか抑圧されていたものをブチ撒けるように鬱で凄惨なものになる傾向にある気がする。幸せな人間に喜劇は書けないと聞いたことがあるが、そのとおりなのかもしれない。このムジナという作品もそうだ。下ネタとギャグ要素と漫画的実験を大いに取り込んでいるおかげで何とか挫けずに読みきることが出来たけれど、そのストーリーはつくづく救いもなく重苦しい。最終回の一コマを見たときにあったのは安堵感でも爽快感でもなく、ただこれからの行く末を想像して悲しくなるばかりだった。それでも好きな人と一緒に生きていければ幸せなのかなぁ。

  • 全9巻。
    「愚かな・・意思ではなく、立場が人を動かすのか・・」
    好きか嫌いかっていったら嫌いかも。でも凄い。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年に「漫画アクション」にて「八月の濡れたパンツ」でデビュー。以降、先鋭的ギャグマンガを多数発表。代表作に「コージ苑」や「かってにシロクマ」がある。

「2017年 『コージジ苑 第二版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相原コージの作品

ツイートする
×