海猿 (6) (ヤングサンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.54
  • (12)
  • (19)
  • (37)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 187
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091523662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不信船を追っていた巡視船ながれは、レーダーの探知範囲から外れたことをかくにんして海上警備行動を終了。誰も迎えがこない大輔は1人寂しく帰路につく。そんな大輔の前に美晴が現れた。

  • 12巻一気読み。
    感想は最終巻で。

  • 全員を助けることができない時、どの選択が正しいのか、正しい選択は存在するのか。二回目のキスは美晴から。

  • 下川さんがいつも笑う理由。

  • 大規模海難、重油流出。
    大輔はまた悩む。

  • しんどいなぁ。
    あと、マスコミ最低という感じで。

  • 海上保安庁の航海士の話。
    映画なんてめじゃない(らしい)。
    泣けすぎます。

全9件中 1 - 9件を表示

佐藤秀峰の作品

ツイートする