燃えよペン (サンデーGXコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.95
  • (57)
  • (36)
  • (61)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 353
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091571915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「全てのマンガ家がこうだと思ってもらいたい!」

    という潔すぎる啖呵で始まる、締め切りと戦う熱血マンガ家の物語!

     迫力のある集中線(効果線)を引くためなら、自分の大事なものをぶっ壊す!
     編集との戦いや駆け引き!
     新人が描いた三角関係のラブコメのいい加減な結末に鉄拳制裁!
     そして、ムチャな年末進行の中で飛び出した超名言、「あえて…寝るっ!」「先生、しかし…」「時間が人を左右するのではない…人が時間を左右するのだ!!」

     腹抱えて笑い転げるんですが、読み終わると身体が熱い、熱すぎるっ! 何かしたいけど何も手につかない「暴走したやる気」が全身を充ち満ちます!


     今手に入るとしたらこのサンデーGXコミックス版だと思いますが、個人的には敢えて竹書房版(http://booklog.jp/users/tomiyadaisuke/archives/1/4884755227)を押します!
     それは、作者自身が炎尾燃(ほのお・もゆる)にコスプレした"実写"版、「実在人物躍動編」が収録されているのが竹書房版だけだから!
     皆さん、指が千切れるまでAmazonをポチって下さいっ!!!

  • 去年9月
    打ち合わせ待ちで泊めてくれた友人宅で初読
    吠えろよりシンプルで好きだー

  • プロフェッショナルかくあるべし。

  • この無駄に熱い感じがとても好み。
    と思ったけど漫画家さんは仕事と作品に命をかけているんだからこのくらい熱くても決して無駄ではない…のか?
    漫画家と編集者とアシスタントの駆け引きがデスノートばりの心理戦(笑)

  • 熱血過ぎて火傷します。

  • 全1巻。漫画家の実情?を描く。熱血なのに笑ってしまう。

  • 熱血。
    それはいつしか冷めるもの。
    しかし、ここには消えない炎がある。

    数々の名言(迷言)。
    数々の理屈(屁理屈)。
    数々の修羅場(自業自得)。

    連載中のアオイホノオまで至る、熱血メタマンガの原点。

  • 読んだら燃えずにいられません。生命エネルギーの源といってもいいです。(先生の本全般)

  • 控え目に言って最高でした。

  • 現実でどうしたらいいかわらんものをフィクションの中でいーかげんな結末をつけるなー!!しかもハッピーエンドだとぅ?片腹痛いわ!!

全29件中 1 - 10件を表示

燃えよペン (サンデーGXコミックス)のその他の作品

島本和彦の作品

ツイートする