ヨルムンガンド (8) (サンデーGXコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.98
  • (66)
  • (71)
  • (63)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 975
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091572158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 打ち上げた
    ロケットは何本目だ?
    お嬢。

  • -

  • ずいぶん前に買ったのにまだ読んでなかった。
    アニメもここら辺までしか見てないのでことの後の展開わからなくて楽しみ。

  • 2013/02/07
    【好き】東條も好きなんだよなー(笑) 日本で撃ち合いとか痺れる。

  • アニメで先に見ちゃってるんだが、やっぱHCLI vs SR班回は一番面白いかも…さり気に、特に性格に特徴がある訳でもないんだけど、トージョ好きだなー、若者臭くて。

  • さあ今回の舞台は日本!
    ということはトージョ回です。

    日本の亡霊、SR班を相手にキャスパーとココが手を組む。
    日本はやっぱ平和、安全なんだなーと改めて確認。
    周りの反応が日本人!って感じです。

    トージョウの元上司も登場。もちろん日本人。嘘の中の真実を隠す人。

    そしてカレンも出るよ!
    まさかのドクター・マイアミの部下に転職w
    そういえばドクター・マイアミも日本人だったね。

    8巻は日本人が活躍しる巻です!w

    印象的なシーンは126機目のロケットを打ち上げたシーン
    ではなく
    その際にココとドクター・マイアミが何かしゃべっていたシーン。

    今後の話しにつながりそうな予感。

    印象強いキャラはトージョ。
    最強キャラはチェキータさん!

    トージョ回ということで彼に。まあ活躍してた意味も込めてw

    チェキータさんは個人的に好きなキャラです。
    出番が数少ないのが残念。
    今回、キャスパーを足一本で守り、銃を持った男4人を相手にナイフで挑む。
    詳しくは描かれていませんがキャスパーの言動からやはり只者ではないって感じです。
    惚れる。

  • 第二の日本人は元自衛隊のスパイねぇ。日本のスパイはやっぱり戦前のD機関でしょう。って、話が違うか。

  • おもしろかった

  • 読了。

  • まんきつで読了

全34件中 1 - 10件を表示

ヨルムンガンド (8) (サンデーGXコミックス)のその他の作品

高橋慶太郎の作品

ヨルムンガンド (8) (サンデーGXコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする