神様ドォルズ (8) (サンデーGXコミックス)

  • 小学館
3.81
  • (21)
  • (53)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 485
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091572561

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 真の敵は日向のじいさん。いよいよ最終決戦へ。

  • 村の暗部と新キャラがわらわら出てくる。きりおが大変なことに…

  • 前巻より深い話になってきた。
    相変わらず女の子が襲われるのは素晴らしい。
    もちろんチェックは逆さ吊りおっぱい。

  • 阿幾好きだなあ。

  • だーっと映像化されてたところの詳細を読めたので満足。
    匡平は覚悟決めるまで時間かかりましたな。今後面白くなるんじゃないか!と期待しています。
    キョーヘーとアキが普通の幼馴染みといった風に話してる場面は個人的に平安に見えて実は異質という感じですごく切なかったです。

  • 神様の抜け殻、であるカラクリ仕掛けの機械、案山子を人智を越える力で操る
    その力の強大さのなかで歪む人格や友情、境遇をめぐる話。

    強大な力をもつにも関わらず世界としてはからはり村の中でしか動きを見せなかった案山子が
    その力の強大さから心をねじ曲げて人のいろいろなところを見せていく


    今回は特に
    きょうへいの根底にある激しさと
    あきの案外、正常な思考が 現れていて面白かったです。

    勿論双子のこれからや
    むらや強大な力を持たずしなくても狂っているような人や
    恋愛模様も気になりますが

    やっぱりこの2人にこの物語は戻ってきます。

    書いてて思ったけど、村や力が人を曲げるんじゃなくて
    人の心が曲げるのかもね。
    それだけ人は人に依存していきているんだなぁと

  • TSUTAYAレンタル

  • めがねっ娘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!

  • 桐生…

  • 阿幾と匡平が二人して笑うシーンが凄く印象的。こんな風に二人が笑うシーンが見れるとは。あの事件がなければこうやって普通に笑い合えていたのかと思うと切ない。ラストはついに覚醒?な匡平。きたきたきたー!!

  • 神様の抜け殻というカカシを巡って戦う伝奇マンガ8冊目。

    米軍にプレゼンしていたというのが面白い。
    実際、単体としてはかなり役に立ちそうだが、これを頼りにして作戦を組むのはたしかに難しそうだ。
    独立部隊なら何とかなりそうだが、忠誠も疑わしく、まあ、大金は出しにくかろう。

    舞台も村に移って、いろいろ取り返しの付かない事態が進みだし、いよいよクライマックスが近いか。
    いろいろと不憫な詩緒にも、プライドを満たせる活躍があると良いが。

  • これまでもその名前とシルエットだけはちらりと出てきていた紫音と迦喪建角。ここにきてようやくその容姿が明らかになったが、久羽子と同様にメガネっ娘のイメージを覆す(?)大変な跳ね返りのようである。

    そして、玖吼理の復活・・・。

    これまでの話の流れから予感めいたものはあったとはいえ、物語は風雲急を告げる。

  • 露骨な死亡フラグたててしまった人がいた……!シオン今更出てきたワリにキャラよわくね?

  • 皆の様々な思いや思惑が絡まり合い、舞台は空守村へ。
    いよいよ佳境に入ってきた感があります。
    そしてラストに大衝撃。
    次巻に大いに期待です。
    (カバー裏マンガの感触からまひるはどうなる?という感じも…。)

  • 物語も佳境に入ってきて色々盛り上がってまいりました。キリオがあげておとす方式にあぁ・・という気分に、これほど物語が進んでアニメ化するということは連載終了と同時にアニメも終了する方式になるのかな?なんにしろアニメ絵のウタオが可愛かったので早くみたい

  • いよいよ本格的に動き出した
    …のかな?

  • 匡平と阿幾は仲がいいよね

    読み直して分かったけど、靄子はずっと阿幾のことを気にしてたんだね

  • 続きがきになります。

全21件中 1 - 20件を表示

神様ドォルズ (8) (サンデーGXコミックス)のその他の作品

やまむらはじめの作品

神様ドォルズ (8) (サンデーGXコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする