姫ヤドリ (1) (サンデーGXコミックス)

  • 小学館
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091575227

作品紹介・あらすじ

女子だらけの冷戦アクションファンタジー!

1970年代中盤…アメリカを中心とする「西側」と、ソビエト連邦(現ロシア)を中心とする「東側」が激しく対立した「冷戦時代」。その東側諸国に取り残されたように存在した「ハイドランカ王国」でクーデターが発生! ユディタをはじめとする3人の姫たちは辛くも脱出するが、祖国から追われる身となる。彼女らは時に「銃」を、時に代々受け継がれた特殊な「力」を使い、自由を求め西側へと向かう―――少女よ逃げろ、命の限り! 「神様ドォルズ」「碧き青のアトポス」のやまむらはじめが放つ、ノンストップ冷戦アクションファンタジー開幕!!

【編集担当からのおすすめ情報】
現在サンデーGX誌上で「ブラック・ラグーン」と1、2位を争う弾丸数のアクション作品、待望の第1集が登場です。しかも舞台は冷戦下の東欧、主人公は少女たち。監修に津久田重吾氏を迎えて描く、当時の銃や乗り物の描写にも注目です。ユディタ、イレーネ、ニーカ三姉妹の活躍にご期待下さい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。まあまあ。パイナップルアーミーを思い出した。東欧だからか?

  • ストーリが物足りない。

  • コミック

  • 時は冷戦時代。舞台は東欧のハイドランカ王国。主人公はイレーネ、ユディタ、ニーカの3姉妹の姫君たち。でも単なる姫君ではありません。巷では「ハイドランカの魔女」と呼ばれている特殊能力の持ち主なのです。もっとも、その能力の内容は今ひとつ掴みきれませんでしたが・・・。

    クーデターにより城を追われる身となり、包囲網の中、闘い、逃げ延びるスピーディな展開。この物語のカギは、どうやら次女のユディタ(正確にはちょっと違いますが)が握っているようです。

    出だしは上々。さて、今後の展開が楽しみです。

全4件中 1 - 4件を表示

姫ヤドリ (1) (サンデーGXコミックス)のその他の作品

やまむらはじめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする