僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091591142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長く遠い道のりだったけど、ようやく結ばれた矢野と七美。
    途中で何度もリタイヤしようかと思うほど、読むのがツライ時もあったけど、なんとか最後まで読めて良かった。
    竹内くんが言った「おまえと高橋は、オレの犠牲の上に成り立っている」という言葉がものすごくズシンときた。竹内くんと七美の間にはいつも矢野がいて、どれだけ時間を積み重ねたとしても、決して消し去ることが出来ないほど大きな存在だったんだよね。竹内くんにとってはツライ結果になってしまったけど、これで良かったんだと思う。ただ、5年間付き合ってたのに七美にキスすらしなかった竹内くんがすごいと思う(笑)ほんと紳士だわ!竹内くんにもいつか良い人が見つかりますように♪

  • 七美と矢野と一緒に歩いてきた10年間だった。

全3件中 1 - 3件を表示

僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (フラワーコミックス)のその他の作品

小畑友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする