アドルフに告ぐ 下 My First WIDE

著者 :
  • 小学館
4.50
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (603ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091621870

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  壮大なテーマを、個人を深堀する形で描いて、人生や立場や正義をいろいろな角度で突きつけられる。とても面白かった。すごかった。多くの人々が盛大に火花を散らしていて、すごい時代があったものだと思わされ、そしてそれを精一杯描ききっている感じがすごい。コマが小さいページもメリハリがあって読みやすかった。語り部の峠が冒頭で錯乱していたとはいえ女性をレイプして相手が自殺、ところがその後、峠はけっこうなモテキャラで確かに魅力的で素敵な人物でもあった。そんな業の深い人間が語り部にすえることで、世界が多面的であることを示しているのかな。

  • 第二次世界大戦前後、ナチスの台頭から終焉までを背景として、日本とドイツで繰り広げられる人生劇場。アドルフ・カウフマン、アドルフ・カミル、アドルフ・ヒットラーの3人を主軸に添えた、ドイツ人、ユダヤ人、そして日本人の悲しい物語。手塚治虫作品の中でも最も頻繁に読み返す作品のひとつです。文庫本に収録されている、関川夏央による解説が秀逸。

    今年2008年は手塚治虫生誕70周年。『アドルフに告ぐ』に限らず、改めて各作品が再評価されることでしょう。

  • 日本とドイツと登場人物が交錯し、親と子が分かれ出会い、愛する人と分かれ再び出会い。長い長い話の中でそのめぐり合いが続く。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

昭和3年(1928年)11月3日生まれ。平成元年(1989年)2月9日没。勲三等瑞宝章叙勲。漫画の神様と呼ばれ、現代の漫画文化を築き上げた人物。代表作に『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック(1975年第4回に本漫画家協会賞特別優秀賞)』、『陽だまりの樹(1983年第29回小学館漫画賞)』、『アドルフに告ぐ(第10回講談社漫画賞一般部門)』など多数。

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする