櫻狩り (上) (Flowersコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.18
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091670755

作品紹介・あらすじ

渡瀬悠宇、幻の衝撃作が新装版で遂に甦る!

『ふしぎ遊戯』『妖しのセレス』『絶対彼氏。』など、
数々の大ヒット作を描き続けてきた渡瀬悠宇。

そんな渡瀬悠宇が長年構想しつづけて
「これまでとは違う、濃い愛憎劇」として
渾身の力をこめて挑んだ作品・・・『櫻狩り』

あの、各界に波紋を広げた衝撃作『櫻狩り』が、今
新装版として、ついに甦る・・・!!

描き下ろしカバーによる、B6判で新しく甦った『櫻狩り』。
上巻につづいて、三ヶ月連続で中巻、下巻(完結)と発売予定!


時は大正9年。一高入学を目指して志高く上京した、田神正崇。

そこで、運命の悪戯か奇しくも出逢ってしまったのは、謎めいた美青年
侯爵家の御曹司・斎木蒼磨だった。

その時から、正崇の運命が狂おしくほとばしりはじめて---!!

愛憎入り乱れる、美しくも悲痛な、大正浪漫幻想譚。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鬱の時に読んだら、かなり救われた。
    生きているだけでこんなにも罪深いと感じている彼への救いは、私への救いにもなった。
    たまたまBLになっただけで、根本はヒューマンドラマ。
    腐女子じゃない人にはキツいシーンもあるが、本当に読んでほしい。

  • 2017/04/27購入・11/11読了。

    意外に面白かった。正崇はどうなっていくのだろう。

  • 少女漫画で、コレを掲載したのか⁉︎(それとも、もう少し上の年齢対象雑誌だったのだろうか…)
    人間模様というか、人間の心の奥には本人すらも解らないモノが在るのだろう…と思ってしまう…
    最終的には、どんな終わりを迎えるのかと気になる作品。

  • おお、、
    ふしぎ遊戯の渡瀬悠宇が、衆道ものを描いていらっしゃる…
    しかも濡場が結構ガッツリ、、
    それにしても、画ってあんまり変わらんもんなんやなあ

  • まさに衝撃作!
    渡瀬先生の作品を読んだことのある人なら驚くでしょうな、題材が。

    今回の新装版で初読み。
    連載時は漫画から少し離れていた時で、出版は知っていたけど、読みたいジャンルではなかったからね…。
    今になって、読める作品です(大人になった)。

    この上巻だけでは、多くを語れないし、感じ取れないだろうから、最終的な感想は下巻読了後に残しておくとして…。
    闇と光、そこに見え隠れする愛憎、妬み、嫉み、恨み辛み、信頼、裏切り、諸々心理描写になんとも言えない、言葉に出来ない想いがある。

    重たいです。

    蒼磨と正崇、出逢いそして行き着く先は…。
    中巻早く読みたい。
    あのあと、どうなってしまうの?

  • 渡瀬先生の本で唯一読んでいなかった作品が新装版で出たので迷わず購入。
    暗い雰囲気がとても好み。
    もっと早く読んでおけば良かったとも思うけど、大人になってから読んで良かったとも思う。
    今後どんな展開になるのか想像もできない。
    続きが楽しみ。

全8件中 1 - 8件を表示

渡瀬悠宇の作品

ツイートする
×