感謝知らずの男 (PFコミックス)

著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1992年7月発売)
3.72
  • (8)
  • (7)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091720856

感謝知らずの男 (PFコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レヴィに惚れこむカメラマンの青年と、バレエ雑誌のカメラマンの中年女性とを比べて、レヴィが(普通に仕事してる)って感じる場面があるんだけど、あの場面、凄い心に残ってる。プロで収入を得るのには大まかに2種類あるな、って。

  • レヴィが美しい~♪このお話、レヴィを女性に置き換えたら、恋愛モノとして読めそうですね。レヴィが少しずつでも成長していく様が見えて、読者としては満足。

  • 全1巻

  • バレエ・ダンサーのレヴィは、不眠症に悩まされていた。今住んでいるアパートの下は、パン屋とパブで、パブは深夜2時迄営業、パン屋は朝5時から、パンを焼き始める為、睡眠不足になるのも仕方なかった。だから、レヴィは、静かな場所へ引っ越す事にした。

    オオカミと三匹の子ブタ・狂おしい月星

  • ◆感謝知らずの男Part1
    ◆感謝知らずの男Part2
    ◆オオカミと三匹の子ブタ
    ◆狂おしい月星

全5件中 1 - 5件を表示

感謝知らずの男 (PFコミックス)のその他の作品

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

感謝知らずの男 (PFコミックス)はこんな本です

ツイートする