夢幻花伝―夢の碑番外編 (プチフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.33
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091785923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 木原敏江の歴史ロマンス・「鬼」というか異形の者シリーズの端緒ともなった作品。ひたすら耽美で哀しく美しい。

  • 運良く手に入って読むことができました。観阿弥世阿弥親子というよりは世阿弥を軸として物語が進んでいきます。絵はあくまでも少女漫画ではありますが、それがかえって幻想的な芸能舞台の世界を描くのにいい効果を生んでいます。この漫画を見た後「砧」を考えてみるとじんわり涙があふれる気がします。

  • わたしの世阿弥人生の始まりとなった記念すべき一冊。前後編ですがドジ様の愛が詰ってる作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

漫画家。代表作に、1980年代「LaLa」黄金期を支えた不朽の名作『摩利と新吾』シリーズ、歴史ロマンの新しい魅力を打ち出した『アンジェリク』、第30回小学館漫画賞を受賞した『夢の碑』など多数。

木原敏江の作品

夢幻花伝―夢の碑番外編 (プチフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする