ひとりずもう 上―漫画版 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 小学館 (2007年4月1日発売)
3.91
  • (70)
  • (90)
  • (74)
  • (9)
  • (0)
  • 576人登録
  • 65レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091790132

ひとりずもう 上―漫画版 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生い立ち思春期 大学
    ものぐさ成績 悪い
    エッセイがうまくて 漫画を書き始める

  • 切ないぜよ

  • さくらももこの青春時代のお話。
    たまちゃんとの下りとか、ちびまる子ファンにはたまりません。

    甘酸っぱくて大好き。

  • 同じ年頃の娘も共感しながら読んでいました。

  • すーごくよかった
    さくらももこは大好きだ。

    最後、たまちゃんが「ももちゃんは漫画を書くんじゃないかって思ってたよ」というところ、そして空港でお別れするところ、すーーっと涙が出た。


    毎日「ヒマ」をだらだら味わっていた学生のももこさん
    いまはバイトやら勉強やらで 元気な学生が奨励されるような雰囲気がむんむんしてるけど

    もやもや、だらだらしてたももこさんがいるから
    ちびまる子ちゃんなんかが描けるんだなぁ

    そらを見上げたら、
    すこーしずつ薄い雲が動いている空だった
    きっとよく見ないと気づかないくらい

    わたしは決めたことをやれないと、
    自分を責めてしまうことがあったのだけど
    大切なのは、決めたことをやれなかったとき、
    わたしの心は何を話していたかということだ

    好きなように生きればよいのだ。
    ほんとうに大切にしようと思ったことを
    一生懸命やればいいんだ

    わたしも私の人生を大切にしよう!と思った。

  • こどもセンターの図書館にあったので、子どもを遊ばせている間に読んだ。面白かった。
    さくらももこさんの自伝的漫画で、彼女が小学生から女子高に入るくらいまで・・・だったかな? 夏休みは何もしないでゴロゴロしてる・・・とか、だれかに誘われてもめんどくさい・・・とか、とにかく楽そうな部活に入る・・・とか、心の赴くまま、他人のことは気にしないで生きてきたももこさんが素敵すぎる。
    下巻が読みたくてたまらないのに、こどもセンターには下巻が見当たらず!!! どうにかして手に入れなくては!

  • 漫画なんだけれどもちょっとエッセイっぽい。
    ちびまるこちゃんが成長して、さくらももこだな~って思いました。
    中学高校生の頃ってこんなこと考えていたかもな~ってちょっとなつかしいかんじでした。

  • まるこ、青春編。
    少し大人になり、内向的な女の子になっていく。願うのは、少女のままでいたいという無理なもの。きっとそういう人は多いはず。

    最後は泣くしかない!泣いたよー!
    いい本!!

  • 上・下巻共に既読
    何でだろう、ときどき無性に泣きたくなった

  • 高校生のうちに読んでおいてよかったなと思った作品。
    ちびまる子ちゃんの延長としてではなく、さくらももことして捉えたい。

全65件中 1 - 10件を表示

さくらももこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
さくら ももこ
浅野 いにお
さくら ももこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりずもう 上―漫画版 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)に関連する談話室の質問

ひとりずもう 上―漫画版 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

ツイートする