西原理恵子の人生画力対決 (3)

著者 :
  • 小学館 (2011年11月30日発売)
3.84
  • (21)
  • (29)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091791283

作品紹介・あらすじ

決戦、サイバラvs勇次郎vs海月姫。画力対決第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プロの漫画家同士が公開で「画力」の対決をするというこの企画も三巻目。相変わらず、サイバラ節が炸裂でたっぷり楽しませていただきました。.



    三巻目ともなると、正直、本来の画力によるバトルには既視感があり、(それでも十分面白いんだけどね)プロでも案外描けないのね(*^_^*)、とか、有名なキャラを描いた際にはどうしても自分タッチの輪郭とか目とかになるのね(*^_^*)とかも、お約束どおり、という感じ。

    でも、その対決に持って行くまでの、サイバラによる人物評がとても面白い。
    前巻で浦沢直樹から「悪ぶるなよぉ~~」と優しく言われるくらいの、無駄に(*^_^*)悪党をきどるサイバラのこと、もう、容赦ない悪口雑言が! ここまで来るとこれは芸ですね。

    のっけの登場は「星守る犬」の村上たかし。私、この作品では夜遅くのツタヤの駐車場に停めた車の中、文字通りの号泣させられたというのに、この作者については何も知らなかった・・・。そっか、こんな長いキャリアを持って苦労していた漫画家さんだったんですね。
    サイバラとの長い付き合いや、結婚して50キロ!!太ったという&なんて素敵な!の奥さんとの話が、対決そのものよりずっと面白かった。

    対決で一番見応えがあったのは、里中真智子先生(ここだけ先生をつけちゃうのは小学校以来の愛読者だから)とのそれ。里中先生の描く「ハイカラさん」は目だけ里中キャラで笑えるし、(でも上手い!)、実写版宇宙戦艦ヤマトでは、キムタクの「ぽっかーんとした」(BY サイバラ)顔や、クマのプーさんでは、“脳内の熊を探しまわったあげく”轟沈されているのも可笑しい。

    萩尾望都、一条ゆかりらの大物先生方から速攻で対決を拒否された話はたぶん本当なんだろうな。
    私、見たいんだけどなぁ、そのうち、気が変わられないかなぁ。

    出版社のパーティで対決相手を確保すべく、営業に走るサイバラ。
    高名な漫画家の先生方が、公式ではない写真ということなんだろうけど、ホンットにただの楽しい酔っ払いとして写っているのはサイバラの人徳なんでしょうね。
    この写真がとてもとても嬉しかったです。(*^_^*)

    あだち充先生なんて、“エルトンジョンのお下がりみたいな風体しやがって”(これももちろんBY サイバラ)、笑える~~~、というか、こういう方だったのね、初めてお顔を拝見しました。
    いいなぁ、酔っ払い、大好き!(*^_^*)

    理論社倒産によるあれこれの騒動が、おまけ、というにはハードな内容ながら載っていて、それも興味深かった。地味ながらきちんとした面白さの児童書をたくさん出している出版社で、私、とても信頼していたところなんですよね。
    サイバラの出した「この世で一番大事な『カネ』の話」(これ、すっごく好きだった!ある意味人生を教えられた本なんですが)の印税2千万がチャラになってしまう過程は、倒産という非常事態だから仕方のないことなのか、でも、サイバラにしてみればそんな理不尽なことはないわけで、せめて少しは誠意を見せろ、というのもよくわかる・・・。

    ホントに本が売れない時代なんだね、とまず悲しくなってしまうのは、私が呑気な読者であって、当事者ではないから、なんだろうけど、この話、もう少し、続けて追ってもらいたい気がします。


    ・・・・・・私、基本的に漫画家さんのことはすごぉ~~く尊敬しているので、いつもは必ず「先生」をつけているのですが、今回は、サイバラ(初めて言ったよぉ~~!)だの、村上たかし、だの、浦沢直樹だの、呼び捨てのオンパレード。(汗・汗)
    なんか、この画力対決では「先生」がそぐわなかった気がして、なんですが、後半はそれでもグズグズに。^_^; あはは・・、その一貫してないところがまた画力対決だなぁ、と思ってます。

  • サイバラさんが漫画家さんたちと出されたお題で画力を対決するシリーズの3巻め。
    好評でシリーズ化したもよう。

    この巻では里中満智子さんなどと対決していました。
    相変わらず放送禁止用語が飛び交っていましたが、登場するゲストはけっこう大物です。

    我が家は少女マンガに疎いので、やはり昭和の名作は読んどいたほうが楽しめるな~と思いました。

  • 後半もう大爆笑!酔っ払い漫画家のやりたい放題な画力対決がおもしろすぎた。そして東村アキコ氏は絵がうますぎる。かわいい上に絵がうまいなんてずるい!!(嫉妬

  • 小学館のパーティでサイバラねーさんが大御所漫画家を次々に捕獲していくのが面白い!!!漫画家さんてみんな仲良しだなー。

  • いつ、村上もとかと勝負してくれるのか。待ってる。

  • 少女漫画読みのわちとしては東村アキコさんと里中満智子さん目当てで読んでたけど、男性漫画家さんの対決の方が笑えるんだよな。

  • 東村アキコ先生が可愛すぎました。そして西原先生の二千万円がッッッ!!(笑) 大変面白かったです!いっぱい笑いました❤

  • 表紙が何の絵か分からない初のケース
    海月姫らしい
    その作者、東村アキコ
    描くのがとても早いそう

    逆に遅かったのがバキの板垣恵介
    自衛隊出身なのに意外にも優男

    村上たかし、病気と貧乏でハローワーク
    広島の実家へ
    メダカのオスメス選別

    三田紀房、元西武百貨店紳士服店員

    小学館コミック局の忘年会で
    4冊目に出てくる若手ゲット

    島本和彦が熱くてクドイ漫画語り。

    里中満知子、国友やすゆき、かざま鋭二、福本伸行

    理論者との印税バトル

    写真だけだと
    池上遼一、武論尊、あだち充、高橋留美子
    現代洋子、村上もとか
    などのかたがたも

  • 記録によると4を先に読んだ気配。行き帰りの電車内で読了。何度もふきだしそうになり、隣にあやしまれた。本巻では里中満知子先生とまで対決しちゃうのがスゴイ。

  • 小学館のパーティで、画力に出ろと大御所に絡みまくる回が最高にいい、常識が見え隠れするのが好き。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1964年、高知県生まれ。武蔵野美術大学卒。「ぼくんち」で文藝春秋漫画賞、「毎日かあさん」で文化庁メディア芸術祭賞、手塚治虫文化賞、日本漫画家協会賞を受賞。2013年、ベストマザー賞受賞。

「2020年 『りえさん手帖2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

西原理恵子の人生画力対決 (3)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×