バケツでごはん (1) (Big spirits comics special)

著者 :
  • 小学館
3.80
  • (27)
  • (24)
  • (44)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091791818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場する種々様々な動物のキャラクターが皆個性的。
    ペンギンのギンペーを中心に描かれているけど、ギンペーを取り巻く動物達の複雑な動物模様が凄く面白い。

  • 主人公のペンギンを中心に動物園の動物達の人情味ある暮らしを綴った、のんびり癒されるストーリー。全8巻。

  • しろくまカフェというのが流行っていると聞きどんな話かなと検索すると、見たことある絵が・・・。
    小さいころアニメを見て結構好きだったなぁと思い、その日に全巻大人買いしました。
    本でも友人に借りて読みましたが、今読むとなんだか切ないようななんというか・・・・。
    大人になってから読むとまた違った視点で読めて面白かったです。
    むしろ大人向けですね・・・。

  • アニメがめっちゃ好きでした。チェザーレとか。

  • この作品はアニメも最高です。大人が読むべき作品。

  • 動物園の動物たちを主人公(おもにペンギンのギンペーちゃん)
    にした、大人向けマンガ。

    シンプルな絵とシニカルでシュールなストーリーが楽しい。
    全巻持ってます^^

    パンダはこの本でも「ちょい悪役」(笑)

  • このノリがたまらないのです…

  • 主人公:ペンギン
    職場:動物園

    擬人化動物の織り成す世界。
    かわいくて、何度でも読み直します。

  • こういう多巻ものを書く時ってどうしたらいいんだろう……と思いつつ。

    装丁がかなり好き。
    ハードカバー仕様なのが購買欲をあおってくれました。

    動物が人間のように話して、生活してるちょっとファンタジックな設定。
    その中でも動物園で働ける動物はエリートで、中途採用浪花節のペンギン・ギンペーが奮闘します。
    人間(?)関係の軋轢、エリート主義、痴情のもつれ、セクシャルの問題から児童虐待まで、けっこう人間味(?)溢れる動物達の日常をキリコ・テイストでお見せします!っていう感じ。
    動物にデフォルメされてて、あたりはソフトなんですけどね。
    でもそうじゃないと描けないよーなシーンとか問題とかも盛り沢山。
    私的に、パンダのリーチ関係の話と、ブタのタボン関係の話が好きです。

    是非、御一読。

  • 動物達のシュール&日々の生活が面白い。意外と普通の日常なんだけど、ソコは作者のテクニックで面白おかしく。ちょっとの合い間に読みたくなる本。

全25件中 1 - 10件を表示

バケツでごはん (1) (Big spirits comics special)のその他の作品

玖保キリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする