フラグメンツ (1) (Big spirits comics special―山本直樹著作集)

著者 :
  • 小学館
3.73
  • (44)
  • (33)
  • (79)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 323
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091792815

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短篇集。ということで、以前に読んだものに既に入っていて、あれ、これ、読んだよ、てものもちょいちょいあったけれど。一つ目の作品の良さったら、ない。すっごい、いい。山本直樹って言ったら、肉彦っていうか、そういうところ、ある気がする。山本直樹の代表的作品ていうだけ、ある。

  • 何で女は理由があると(寧ろ理由をつけて)股を開くのか、理解したくないけど覗いてみたい。

    そして、その世界に溺れてしまいたい、鈍い感覚。
    それは男共が邪な考えを滾らせているからに過ぎぬ。
    これ以上のエロ本はなく、できれば紹介したくもない。

  • エロかっこいい。

  • いやらしいのにむなしい。

  • 私が死んだらこの一冊と一緒に焼いてほしい。

  •   電子書籍にて。女の子のカラダとココロをいたぶるような描写しかなくて反吐がでる。booklogで評価が高いからとメモしていた自分に嫌悪する。

  • これは面白い。
    妾のゆきこさんの話が好きです。最後の「消えたね」とかアッサリしていて。
    夕方のおともだちはアイタタタタ!と言いながら読みました。

  • 異常と正常
    夢と現
    境目なんて初めからないのかもしれない

  • 山本直樹って性描写が有名だけど、実のところそういうのが少ないほうが面白いことが多いように思う。

  • 映画的なマンガ、90年代的なマンガ、浅野いにおとの対比、デティールからの物語構築が00年代的だとしたら、このマンガには関係性はあっても物語はない

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家:
山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日 - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

「Wikipediaから引用しています。」


博士:
慶応義塾大学准教授、博士(情報理工学)。1976年 生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。カリフォルニア工科大学研究員、オーストラリア国立大学研究員、慶応義塾大学専任講師を経て現職。研究分野は原子・分子・量子エレクトロニクス、制御・システム工学。

「2015年 『複素関数論の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フラグメンツ (1) (Big spirits comics special―山本直樹著作集)のその他の作品

フラグメンツ(1) Kindle版 フラグメンツ(1) 山本直樹

山本直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
浅野 いにお
松尾 スズキ
よしもと よしと...
岡崎 京子
黒田 硫黄
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

フラグメンツ (1) (Big spirits comics special―山本直樹著作集)に関連するまとめ

ツイートする