フラグメンツ (2) (Big spirits comics special―山本直樹著作集)

著者 :
  • 小学館
3.70
  • (21)
  • (12)
  • (42)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 174
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091792822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界最後の日々は、ヤケクソ自暴自棄ロードムービーという印象。

  • その続編的な短篇集。にしても、僕の中でよく覚えているなぁって思った。そのくらい、以前に読んだものをちゃんと僕の頭の中には刻み込まれている。一方で、読んだことないであろう作品なのに、あれ、読んだこと、あるかもっていう感じがする作品も。つまりは、山本直樹はある意味で反復の作家なのかもしれない。(12/2/18)

  • 特に
    肉彦くんとせんせい
    世界最後の日々
    はすごい。

  • 山本直樹の作品には毒がある。
    それも人間なら誰しもが秘めている毒なのではないか。
    世界の終わり———もしそんな日が本当に来たら。
    作者は人間の深層心理を探っている。作中の登場人物が非道な行動に取り付かれる精神異常者に見えるだろうか。そうだとは断定できないのではないか。
    どうせ世界が終わるならと考えたとき、心の奥深くにある狂気はいつ誰の身に目覚めても不思議ではないのかもしれない。
    自分にも心当たりがある……そう気づいてしまったとき、驚愕する。

  • 山本直樹のマンガに出てくる人物たちは
    いつも閉塞された空間の中でセックスしている。
    家、車の中、学校、漁師小屋、田舎という閉じられた世界・・・。

    彼らはどこにも行くことができず、逃げることもできない。
    淫靡で悲哀に満ちたセックスを繰り返しては別れていく。
    ただただそれだけだ。

    それは少し情けなくもあり、やるせなくもある。
    けれど、結局のところ世界とはそういうものなのかもしれない。

    「この先、死ぬまでほかの誰かと、こんなふうに過ごし、
    こんなふうな気分になることは、もう二度とはないのだろう。
    そんなことを考えると、なんだか悲しくなってしまって、気持ち良いほど涙が出た。」
    (「肉彦くんとせんせい」P71)

    やりきれない感情が痛々しくて
    手に取るようにわかる自分が哀しくて、
    でもわたしはその世界に触れたくてまた彼の作品に手を伸ばす。
    その繰り返し。

  • せつなくってぷるぷるする

  • 山本直樹ワールドに引き込まれます。第弐巻。

  • 肉彦くんと先生が、山本氏との最初の出会いだったと気づいたのは最近。
    恋の虚しさみたいなものが詰まってました。

  • SMのとか、肉彦くんとせんせい、とか、すごくいいなー好きだなーと思う短編が多かった。上手さは相変わらず

  • かなり傑作短編集。

    つーか、山本さんのマンガって人の名前のネーミングがすごいよね。

    この作品集だと「肉彦」とか「微藤」とか。
    絶対いなさそうだけど、妙に笑える。
    しかも、肉彦くん小学生だし。

    なんか妄想大暴走の短編集。ですな。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家:
山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日 - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

「Wikipediaから引用しています。」


博士:
慶応義塾大学准教授、博士(情報理工学)。1976年 生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。カリフォルニア工科大学研究員、オーストラリア国立大学研究員、慶応義塾大学専任講師を経て現職。研究分野は原子・分子・量子エレクトロニクス、制御・システム工学。

「2015年 『複素関数論の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フラグメンツ (2) (Big spirits comics special―山本直樹著作集)のその他の作品

フラグメンツ(2) Kindle版 フラグメンツ(2) 山本直樹

山本直樹の作品

ツイートする