恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者 : 楳図かずお
  • 小学館 (2006年3月30日発売)
3.71
  • (13)
  • (11)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091802774

恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校の新聞部に所属する生徒たちが恐ろしい出来事に遭遇する短編連作。
    初出は1966~1968年の『月刊平凡』と、メチャメチャ古いのですが……
    のっけからバンバン恐ろしいことが起こります。
    学校新聞のネタにしようなんてレベルじゃありません。
    昔、雑誌の読者投稿に
    「姉さん事件です!――って、そんな事件ばっかりのホテルに泊まるのはイヤだっ!」
    という、某マンガ&ドラマを揶揄する小ネタがあったけど、
    私だったらこんな部活は嫌だな(笑)

  • 2012年9月23日読了。恐怖漫画短編集、新聞部の二人が出会う恐怖体験の数々、その頻度と奇妙さは名探偵コナン君や金田一少年の学校生活に匹敵するな。かつて少年時代に通った床屋の待ち時間に彼の漫画を読み漁って恐怖に震えたもんだが、大人になった今では独特の絵柄・構図には惹きつけられるものがあるが怖さは感じないな・・・表紙と巻末の中川翔子による解説が興味深い。

  • 持ってるのは違う版だけど、とりあえず。楳図作品は人間の心の闇を扱ったものが多く、それにおどろおどろしい絵がつくから、なおさら怖いのだと思う。

  • 一話完結の短編集である『怪』と『恐怖』も死ぬほど読んだ。特に『恐怖』に収録された「うばわれた心臓」と「とりつかれた主役」の二編。この恐ろしさと面白さは一生忘れられないと思う。

  • 全2巻

  • これをあのボーダーのおじさんが書いてるのか…と思うと感慨もひとしお。
    まぁ感慨などいらんという説もあるが。
    笑えるよ。

  • 怖い。

  • 初期の楳図作品ということで、少女漫画っぽい場面も見られます。しかし圧倒的画力はさすが。しっかり怖いです。

全12件中 1 - 10件を表示

恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

楳図かずおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
丸尾 末広
丸尾 末広
有効な右矢印 無効な右矢印

恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)に関連する談話室の質問

恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)に関連するまとめ

ツイートする