めぞん一刻 (9) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1986年1月発売)
3.70
  • (22)
  • (6)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :242
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091804594

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1986年 読了

  • 就職活動に追われる五代は、音無家の祖父さんのツテでなんとか響子さんの母校に教育実習生として滑り込むことが出来る。
    五代くんの実習先の八神いぶきちゃん、なかなかいじらしくて可愛い。
    管理人さんはいつものように嫉妬するかと思いきや、余裕の表情だし、五代くんも女子高生の色香に全く(?)動じないし、二人とも成長したもんだ。
    一刻館は健全な女子高生達には目に毒じゃなかろうか。
    何故か四谷さん女子高生に人気。

  • Thanks to N.R.

  • 響子と三鷹の両親が、ホテルで顔合せの食事会を開いた。だまされ連れてこられた響子は、助けを求めて五代に電話をかける

  • 五代が教育実習生となり、響子さんの母校の女子高に行く話。
    生徒にもてるのは意外です。

  • -

全7件中 1 - 7件を表示

めぞん一刻 (9) (ビッグコミックス)のその他の作品

めぞん一刻 (9) (Big spirits comics) コミック めぞん一刻 (9) (Big spirits comics) 高橋留美子

高橋留美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする