美味しんぼ (96) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
2.96
  • (1)
  • (2)
  • (20)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091806406

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うつ病の人へああいうことはしちゃいかんだろうけど、
    あの料理はどれも素晴らしく美味しそうだった。
    寝ろ、岡星。

  • 話の展開上必要なこととはいえ、作中谷口部長と並ぶマトモな人岡星さんが鬱になるという読者も鬱にする展開!

  • 【課題はあわび】
    あわびを 美味しく食べさせるには。
    引き締めながら 豪華なアワビ料理とは。
    山芋とアワビのすりおろし

    【下町ハンバーグ】
    洋食とは 日本料理である。
    みじん切りのニンニクとパセリで作る
    おいしいハンバーグを作る。

    【チーズの伴侶】
    プルーンとくるみで。

    【究極の料理人 春篇】
    鬱病になった 星岡。
    西音松の日本料理を食べる。
    繊細な京料理と言った感じ。

    【安上がり食べ物自慢】
    豚天 魚のかき揚げ
    豚のバラ肉丼
    ポーチドエッグ丼
    納豆飯
    ご飯とおからの稲荷

    【サッカーがうまくなる餃子】
    ポーランド ピエロギ

    【おめでたラッシュ】
    ポーランド料理

  • 岡星さんの欝と向き合う山岡さんがひどすぎる。有名な巻だけど、ここまでとは・・・。でもそれ以上に子供を授かる、授からないのやりとりがあんまりだと思う。原作者って何が言いたいんだろう?こんな話題を使わなくても、おいしい料理を紹介する方法はいくらでもあるだろう。美味しんぼの中でも最悪の巻だと思う。

  • 本棚圧迫中w「文化部名物食べ物自慢大会」はメニューの参考になったりしてますv

全5件中 1 - 5件を表示

美味しんぼ (96) (ビッグコミックス)のその他の作品

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ (96) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする