美味しんぼ (5) (ビッグコミックス)

著者 : 雁屋哲
制作 : 花咲 アキラ 
  • 小学館 (1986年5月1日発売)
3.26
  • (3)
  • (3)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :139
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091807557

美味しんぼ (5) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人種差別があったり文化館のいざこざがあったり、
    多様ではあるんですよね。
    シャブスキーの回はいいよね。
    肉の食べ方は奥が深い。

  • ボク自身はなんでも醤油をかけるグルメな人とは程遠い人間なのだが味のわかる人に憧れがあるのか楽しく読めました。

  • ・味噌も昔からの作り方が一番うまく完成に1年かかる。味噌を焼くと化学調味料が破壊されるので見その残骸
    が残る。
    ・鰻の上に熱い油をかけ、音とにおいを楽しむ。
    ・青竹の香り、豚の網脂で包みスズキを焼く。
    ・魯山人風のすき焼き、シャブスキー。
    ・サラダに向くのはヒマワリ、線実、コーン、オリーブ脂がよい。ドレッシングは食べる前に作ること。
    ・3回よりも2階の食事の方が太る。もてなしの心。米粒の大きさを合わせて炊く。シジミも同じ大きさに合わせ
    て調理。完成時間が同じになり村が無くなる。

  • バブルの頃で、興味深い

  • 4から続けて再読。4より良かったかも。雄山もこの頃はまだまだ観念的な部分もあったんだな~とちょっと笑ってしまった。たかが食べ物、されど食べ物って感じですね。あまりムキにならず、適切なマナーでおいしく食べればいいと思うけど。

全6件中 1 - 6件を表示

美味しんぼ (5) (ビッグコミックス)のその他の作品

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ (5) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする