めぞん一刻 (12) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1986年8月発売)
3.74
  • (22)
  • (7)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091808929

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビッグコミックス

  • 1986年 読了

  • 保育園のアルバイトをクビになった五代は、キャバレーに勤め始めたことをなかなか響子さんに切り出せない。
    ついに犬嫌いを克服させた三鷹も、明日菜との結婚を推し進めようとする親類たちには勝てないご様子。
    さて、次の一手を打つのはどちら!?

  • Thanks to N.R.

  • 装丁/田口孝敏

  • 育園のアルバイトがクビになった五代だったが、管理人さんにそのことを打ち明ける事がなかなかできない。クビになったことを知らない管理人さんがつくったお弁当を食べて涙を流す

  • 三鷹さんが犬嫌いを克服。
    実はすんごい努力家ですよね。
    五代のほうは幼稚園をクビになり(人件費削減のため)今度はキャバレーの呼び込みのお仕事。響子さんがつくったお弁当を断れないトコ、クビになった事を言い出せないトコ、五代らしいなぁ…

  • -

全8件中 1 - 8件を表示

高橋留美子の作品

ツイートする