めぞん一刻 (15) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1987年5月発売)
4.01
  • (53)
  • (12)
  • (48)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 301
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091808950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “「だけどおれ、なんとかやっていきます。
    初めて会った日から響子さんの中に、あなたがいて…
    そんな響子さんをおれは好きになった。
    だから…あなたもひっくるめて、響子さんをもらいます。」”[P.185]

    最終巻。
    お墓でのシーン良いなぁ。

    Thanks to N.R.

  • ビッグコミックス

  • 今さらだけどめぞん一刻。アニメでは観てたけどコミックで読んでも面白い…!私が生まれる前の漫画とか信じられないほどだけど、日本の昭和後期がここにつまってる。
    浪人から大学生、社会人と成長していく五代さん。ちゃんとお正月も繰り返して歳もとっていく。最終巻は走馬灯のように浪人からのエピソードが駆け巡りました。優柔不断な五代くんと響子さんだけどそれがこの漫画の美味しいところ。
    ガールフレンドはいるけどずーっと童貞とかこずえちゃんとの関係が一番ファンタジーやわ(笑)

    響子さんの歳を越えてから読むと五代さんの良さがじわじわきます…

  • 1987年 読了

  • 台詞のひとつひとつが素敵
    女の憧れです

  • 心に残る名台詞、いっぱい。

  • 装丁/田口孝敏

  • 読んだことあるようで、読んでみたら、
    やっぱり読んだことなかった。
    アニメ特集の見すぎでした・・・!

  • 結婚までいくとは正直思わずに読んでいました。
    五代くんのセリフ、感動しました。

  • 神巻。
    何回よんでも、告白シーンとお墓のシーンは泣ける。
    残りの人生を・・・おれにください。
     一日でも、私より長生きして・・・。

全22件中 1 - 10件を表示

高橋留美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする