美味しんぼ (17) (ビッグコミックス)

著者 : 雁屋哲
  • 小学館 (1988年12月1日発売)
3.32
  • (1)
  • (6)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091814074

美味しんぼ (17) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・餃子はにんにくを入れるのが当たり前という間違った常識がある。白菜など丁寧にたたき、黒酢
    ・急成長した企業の創業者アクが強くて猛烈でその代わり精神内容の貧しい人が多い。
    ・ワニは冷めのこと。広島の比婆郡が最も覚めを食べる。サメは腐りにくい魚。半年持つ。
    ・海のマツタケ。とこぶしのこと。

  • 表紙からして中年の陶芸家という大胆な仕様。
    美味ばかり追求しているエピソードが多い中、戦後の貧しい日本で息子のために知恵を絞って作り出した不味い「代用ガム」は良質なエピソード。

全2件中 1 - 2件を表示

美味しんぼ (17) (ビッグコミックス)のその他の作品

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ (17) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする