MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1988年11月発売)
4.06
  • (473)
  • (181)
  • (379)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 1781
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816917

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これも名作。元イギリス軍人なのに就職できない考古学者。で、考古学者で生活できないから事件や事故に関する保険の調査員という主人公の物語。世界史(特に近代史)の概観を垣間見れた気がします。

  • おもしろかった!一話一話が読み応えがあって、満足感がハンパないです。考古学や、遺跡に 特に詳しい知識があるわけじゃないけれど、その世界観はとっても好きなので(世界史の授業が好きでした(^-^))。

  • おれの大学の考古学者が元SAS隊員なわけない

  • 全巻
    なんでも武器にしちゃうあたりが面白いけど、それほど無いのが残念。
    忘れた頃に最初から読みたくなる

  • レジェンドな漫画。

  • 「私はあの街で、たくさんのことを学んだ・・・/あそこが、私の人生の背中なんだよ」

  • 最初の内なので、平賀キートン太一先生の、キャラ付がどの辺までできてたかは微妙。
     ちゃんと、生物学の先生の息子で、英国の屋台骨支へるおばさんの子で、後にちょっとSASで体鍛へて、大学の就職先探しながらロイズの保険調査員やる、といふ主人公のポジションが、機能しててよい。
     なんかでいろいろやってたら多分ジャベリンスロウワー発見、~次の話でその投槍器の発掘地でちょっともめた後土人に試される~その後の話の冒頭「それでお父さん死ぬところだったんだから!(まぁタクラマカン砂漠の真ん中へ捨てられたんだから)」
     かっこいい!!

  • おもしろい!

  • 人生は勉強。

  • 世界史の苦手な人が読むといい漫画。

全276件中 1 - 10件を表示

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)のその他の作品

勝鹿北星の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MASTERキートン (1) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする