MASTERキートン (6) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (73)
  • (31)
  • (109)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 614
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816962

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蜀崎ェュ縲?RA縺ョ螂ウ諤ァ縺ョ隧ア縺ッ驛ィ蛻?噪縺ォ諞カ縺医※縺溘?

  • なんか、どっかの作家先生が、
    「MASTERキートンは アイルランド系の名前であるダニエル・オコンネルとイングランド~日系のハーフであるキートンが一緒に仕事をしているので大変素晴らしい」
    とか褒めてた。それはさうなのだが、その作品ではIRAのお姉さんでオコーナーさんも出てくるのである。
     アイルランドの他のスコットランド(なんかスコティッシュケルトの方も暗いらしい)の人は、どこでもやって行けるさうである。なので本作での悲劇のをっさんは、アレなのである。うむうむ。

  • 『偽りのユニオンジャック』
    思いやる気持ちを大切にしたい。

    『アザミの紋章』
    私も、にっこりしました♪

  • 化石先生の話に初っ端から目頭が熱くなる。

    ブラス氏の話だけど、いい年して失恋がきっかけで身投げにまで至るかな?
    それにあのいじわるディッキンソンさんに恋をしていたなんて信じ難いし…繊細な人だったのかなぁ。

  • 学校の先生の話ときれいな写真の話が好き

  • 初めて MASTER KEYTON を読んでみたけど、
    一話一話に重みがあって、面白かった。
    それぞれの回ごとに、人間ってなんだろう、と
    思うようなところがあり、どんどんと読んでしまった。

  •  昔読んだときスルーして,今ならわかるディテールに気づくことがやはり多いな。立看に描かれた「造反有理 三里山空港阻止!」「○○君虐殺抗議!」とか…。
     娘の百合子はなんだかよくプラカードもってプチ運動してる…。変わった子だなぁ。

  • おわかりでしょう?彼の死因の別なところにあった。 そして、猫たちが悲しい目をしていたのは、皆さんが悲しい目をしているからです。
    猫は人の心を写す不思議な動物です。

    (CHAPTER 7 化け猫荘の人々)

  • 偽りの三色旗

  • 本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

    浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

全12件中 1 - 10件を表示

勝鹿北星の作品

ツイートする