MONSTER完全版 volume.3 (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.98
  • (15)
  • (12)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091818034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヨハンを追いながら、現代社会の闇や犯罪と
    リンクする問題が不気味に浮かび上がり
    より1つ1つの事件がリアルに重みを帯びていく。

    深く深く潜り込む怪物の心の深淵にあるものは
    捕らえようのない空虚そのもののようで恐ろしい。

    ほしかったのは幸せのはずが、幸せ=お金と
    大切なものがすり替わっていた事実に気づいた瞬間
    みんなで囲むささやかな食卓に"ザァ"と吹いた
    一陣の風のシーンが印象的だった。

    過去を綺麗に清算しながら近づいてくる木曜日の青年。

  • テンマを追うエヴァはまだ愛と憎しみの狭間の愛憎劇として読めるけどルンゲ警部の執着心のおぞましい凄味はもう逆にいっそ気持ち悪い。清々しいほど手段を選ばず、捨てているから本当にテンマしか残っていないんだな。この人の人生は。
    そして、それ以上に気味の悪い動きが見え隠れしていたヨハンのお姿が表舞台にとうとう現れ、これから何が起こるのか始まろうとするかの緊張感がより上がってきた。

  • プラハ、チェコなどを舞台とした作品です。

  • 病院内での白い巨塔(権力闘争)、猟奇殺人、医療倫理、幼児虐待、東西冷戦構造…。重いテーマと重いミステリーを絡めに絡めた、深い深い物語。これぞまさに大人の知的好奇心をくすぐる漫画と言えるのではないでしょうか。緻密な構成と格好良すぎの一話一話の終わりかたに、改めて全18巻を読み返すたびに唸らされます。

    物語に直接は関係ないけれども、グリマーさんの一言「夜のプラハの街って、まるで、おとぎの国みたいだ」が、やたらと印象的です。

  • 主人公だけでなく脇役の話もちゃんと描かれているところが面白いです。
    一見関係ない話のようでも、ちゃんとヨハンが絡んでいるところがすごいです。

  • マンガコーナー : W007/URA/3 : 3420709512

全6件中 1 - 6件を表示

浦沢直樹の作品

ツイートする