MONSTER完全版 volume.5 (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.03
  • (13)
  • (12)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091818058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつて怪物になろうとしていたシューバルトと
    完璧すぎる怪物ヨハン。

    "誰が その怪物のようになれるのか
    誰が その怪物に逆らって 戦うことができるのか"

    怪物を倒せるのは更なる怪物だけなのか、
    混沌の中で暴れだした予定外の因子。

    浦沢作品でよく出てくるメタファーとしての
    「かくれんぼ」。
    深く暗く孤独な無限の闇。

    少しずつ見え始めたおとぎの国での点と点の先が楽しみ!

  • 物語上しょうがないにしてもスク刑事は外で業務の事喋りすぎじゃないか。新米刑事なのはわかるが…。この巻からはテンマを中心としていた物語から飛躍して群像劇がより一層と広がり深まった印象。

  • 病院内での白い巨塔(権力闘争)、猟奇殺人、医療倫理、幼児虐待、東西冷戦構造…。重いテーマと重いミステリーを絡めに絡めた、深い深い物語。これぞまさに大人の知的好奇心をくすぐる漫画と言えるのではないでしょうか。緻密な構成と格好良すぎの一話一話の終わりかたに、改めて全18巻を読み返すたびに唸らされます。

    物語に直接は関係ないけれども、グリマーさんの一言「夜のプラハの街って、まるで、おとぎの国みたいだ」が、やたらと印象的です。

  • 昔読んでグリマーの話は泣けるというのはわかっているのですが、まだそこまではたどり着いていないようです。

  • マンガコーナー : W007/URA/5 : 3420709514

全5件中 1 - 5件を表示

浦沢直樹の作品

ツイートする