あすなろ白書 (1) (Big spirits comics special)

著者 :
  • 小学館
3.37
  • (4)
  • (4)
  • (18)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091818812

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Big spirits comics special

  •  本作の本筋とはあまり関係ないが、石田ひかり主演だったテレビドラマが放映された時に購入したと記憶している。木村拓也が取手君だったのは、なかなかのキャスティング。主役ではなかったので抑制的に演じており、かえって朴訥な雰囲気を醸し出していたこともあって、個人的には好ましかった。

  • 陸上を辞めた女子が予備校で出会った仲間たちと大学で再会したことで始まる恋物語。
    コテコテの三角関係がたまらん。

  • 東京ラブストーリーに続き、柴門ふみ2作目。
    相変わらずの恋愛模様だなあ、と思った。

  • 第一部のほうが面白いと思う。
    でもその後も読んだ方がすっきりするかな。

  • 今でも時々読み返します。
    大学編はやっぱり面白い。

  • 大学がどうこうであるより
    初恋に近いこんな青春で
    こうすごして、こうすぎていってと
    作為的でないこういった人と人とのすれ違い、出会いと時の流れ

    自然でうまい漫画。

  • なるみと掛居…「同・級・生」と名前がごっちゃになる。
    ドラマしか観てなくてあの頃(超強調)は「掛居くんより取手くんの方がかっこいいから取手くんでいいじゃん…」とか思っていたけど、大人になって漫画を読んだらとんでもなく長くそして奥が深くて当時は浅はかだったなあと思った。

  • サイモンふみのマンガは結構読んだ。これは読むきっかけになるほどドラマ化でダイブレイクした物語。マンガのほうが断然良いけど。社長が嫌い。

全9件中 1 - 9件を表示

あすなろ白書 (1) (Big spirits comics special)のその他の作品

柴門ふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする