ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)

著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2008年6月30日発売)
3.76
  • (21)
  • (29)
  • (30)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :295
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091820495

ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完璧じゃないのだけれど、最後は良かったと思う。最高。修の心の闇だよな、目を向けるのは。いろいろな示唆があった。難しくない、分かりやすいメッセージで。

  • ラストの大団円が良い。

  • 作者の女性不信をここまで顕著に出している作品も珍しいのではないかと思う
    でも、ちゃんと最後に救いもあるのは良いな

  • まさかこんな終わり方だとは。
    なんだか。。これってどうとればいいのやら??
    田西のおじさん顔が連続で続くのがちょっと辛かった;

  • 1-10巻読み
    ドラマ見てたので復習です。
    アイアムヒーロー読もうと思ってて、間違えて読んでしま・・・



  • 田西が作者を投影している存在なのに疑う余地はないが、同時にシューマイ先輩でもあると思う。
    時代は違えど、取材やなんかで出せる雰囲気じゃないよ。
    いじめられるシーン。

    百人の人間が読まなくても住人の読者になにかを残す作品だ。たぶん。
    単純に思えるがとてもストレートなテーマを持っていた。
    愛と戦うこと。

  • 田西かっけえわ
    久しぶりにこんなスッキリする漫画に出会った。

  • 最終話がとても良いが、エピローグがこれかい(泣) まあ、基本、一筋縄ではいかないタイプの漫画だからな……でも、全巻通しては、なかなか秀逸です。

  • なんだかこれで終わりでいいの?って聞きたくなる。

    何か終始ハッキリしないかんじだったな。何が言いたいのかよくわかんなかった。残念ながら。

    格闘シーンとかのスピード感はよかったんだけどなあ。

    僕がただ現実感の強いストーリーを受け付けたくないってゆうのと、マンガらしいスッキリする展開を望んでたからなのかなとも思った。

  • 不器用だけどアツい。いつの間にか応援してました。

全21件中 1 - 10件を表示

ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)のその他の作品

花沢健吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする