太陽の黙示録 群雄編 (4) (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091821775

作品紹介・あらすじ

▼第45話/十六夜▼第46話/海峡危機▼第47話/南北不可侵領域▼第48話/二つの国▼第49話/恵理と舷一郎▼第50話/密航者▼第51話/心の傷▼第52話/海峡同盟▼第53話/目標(ターゲット)▼第54話/国連日本視察団▼第55話/罠の部屋▼第56話/操と舷一郎▼第57話/約束▼第58話/雲井竜児

●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])
●あらすじ/新興宗教「既望の会」と、北日本側との繋がりが判明。教団のアジトへ突入が始まろうとした矢先、建物の屋上に教祖・十六夜と思われる女性が姿を現す。その様子をモニターで見た操は、十六夜が、かつての恋人・恵理であることを確信。自らアジトへ赴き、脱出しようとしていた教団理事の星川と十六夜に相対する…(第45話)。
●本巻の特徴/新国家建設の野望を抱く操、「既望の会」教祖となった恵理。結ばれぬ恋人たちの前に、“あの男”が現れる…!!
●その他の登場人物/夏木惇史(恵理の兄。荒廃した山陽道の知事に左遷された)、エドワード・ロックウェル(南日本の傀儡政権化を目論む米国主導の中央省庁「南日本・復興省」初代長官)、星川宿海(新興宗教「既望の会」代表理事)、雲井竜児(反政府同盟「海峡同盟」関東支部の責任者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の本

    指導者としての資質が問われるというのはこういうこと。
    ショック状態から立ち直る時は、いつもしていたことをするといいのねぇ。
    人に美味しいと言ってもらえるって落ち着くのね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

太陽の黙示録 群雄編 (4) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする