闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.58
  • (15)
  • (35)
  • (40)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 409
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091823878

作品紹介・あらすじ

▼第135話~第146話/スーパータクシーくん(1~12)

●主な登場人物/丑嶋(闇金「カウカウファイナンス」社長。23歳)、諸星信也(東京のタクシー会社KYタクシーに勤務。趣味は女)
●あらすじ/東京のタクシー会社に勤める諸星は、今日中に売上目標を達成しないと月間ノルマを達成できず、歩合給率を減らされてしまう厳しい状況。だが、期待をかけた“ゴールデンタイム”に銀座、六本木、池袋のどこでも上客とめぐり会えず、やむなく危険を覚悟で歌舞伎町へと向かう。そこで一瞬よそ見をしたすきに、危うく丑嶋の車に追突しかけてしまい…(第135話)。
●本巻の特徴/多重債務を抱える41歳のタクシー運転手・諸星は、同僚の今爺から女遊びの軍資金を丑嶋の闇金で借りようと誘われ、互いが互いの保証人となる相保証で5万円を借りる。だが思わぬ事態が、諸星を地獄の底に突き落とし…!? 「スーパータクシーくん」編を完全収録!
●その他の登場人物/木村耕司(キム。諸星の先輩ドライバー)、今井宏志(今爺。熟練?ドライバー)、新庄祐紀(新ちゃん。新人ドライバー)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 切ないねぇ。
    クソ野郎なんだけど、何となく諸星は憎めない。

  • タクシー運転手の話。エコーカードで脅されて無茶させられる。モンスターな客、最低料金の客、身体で払う客、知人のタクシー運転手から聞く話と被って興味深い。

  • 異常ナッシング‼︎ 月〆 足切り=ノルマ 歩合制 誰に向けての化粧なのですか?私は風景ですか⁉︎ 規制緩和マジファックっスよォねー‼︎ ジリ貧 銀座で一発逆転の大勝負だ‼︎ ゴールデンタイム 狛江 おはよう!私のモーニング娘 腰痛 痔 昼キャバか早朝割引のソープ 現代版ねずみ小僧よ‼︎チュー‼︎チュー‼︎ 相保証 レッツチークダンシング‼︎ 超目力‼︎諸星信也は男前!!! 100万ボルツカッコイイ!!! 白いタイツ。大好き‼︎ ジンクスジンクス‼︎ でもですね、所長…今爺さんは本気の恋でした。本物の愛です。うーわーちゃー関わりたくねェーっス… 薄本さん‼︎ 遠いよ‼︎いじわるメガネめ‼︎ ビックリしたぁ…おどろきメガネめ‼︎ 諸星信也☆うっかり自分にうっとり♡ ネガテイブは人生の無駄遣いです‼︎ チョコとらっきょって合うねー 諸星信也心がぽっかり。愛の流刑地泣いてます。 茅場町 迎車げいしゃ ホスト稼業は甘いモンじゃありませんからね。知った風なクチ利くね。運転手さん。私、20代はホストに人生を捧げていました。 小岩 いい時代だったんだね。俺の客は病原菌バラまいてる風俗嬢しかいねェーよ。あいつら心も病んでるからマジ疲れるよ。 ホストは辞めてからの人生のほうが長いンですよ… バイタリティ 自分のトラウマ解消する為のスーパーヒーローですよね… 紙キレ一枚で、ニートに スパナ一本でミートに 白いくつ下。大スキ‼︎ 弁護士に債務整理してもらいます‼︎ ネズミーランド… 児童売春 お前は買う側だっただろ?他人のガキはよくて、自分のガキはダメなのか? サボテンを枯らす人間だ 口減らし 赤い靴の女の子は異人に売られた売春婦の歌。マッチ売りの少女は火を点けた間、客に裸を晒すセクキャバ嬢の話。 この小さな体に、大人の汚れきった負担を押しつけてどんな言い訳が出来るというンだ? 蓮の花 信也くんは沙耶のコト大大大大好きだよ…

  • ありがとう過去の俺。ガンバレ明日の俺……

  • なんとなくあれはアレだと予想は付いたが。こんな業界にいるのによくもまあこんなタフなキャラでいられたもんだと。

    で。
    酔っ払いながら読んだ私はおめでたい方を予想してたが、ぐぐってみたらどうやらそうでもないらしい。oh。

    して、これをロバート秋山が演じているとのこと。ちょっと違うけど秋山がウシジマくんで何役だったのかも気になってたんで、読めたんで良かった、かな。

  • 切なくなるなぁ。どうにもならない状態になってしまっている人は世の中にはたくさんいる

  • 漫画喫茶にて読みました。

    「スーパータクシーくん」
    この人微妙にツボに嵌って笑いこらえるの必死でした(笑)

    児童買春。

    自分は人の娘を買うのは良くて、自分の娘だったら駄目なんだ。

    ほんと、そうですね。

  • なるようになる人生は、なるようにしかならない

  • スーパータクシーくん。タクシーの運転手に歴史あり。
    因果応報というか・・・お金に困った人はお金を目の前にすると、大事なものも売っていしまうのか。。

  • 読了。

  • 輪ゴムこわい

  • ネガティブは人生の無駄遣い。
    ホストはやめてからの人生の方が長いんですよ。

  • スーパータクシーくん編1~12(完)


    児童売春、

    人の娘は買ったとしても

    自分の娘は売りたくない。


    思わずドキッとした。
    世の援交に関わる人々、読んでみたほうがいい。

  • TUTAYAレンタル

  • 今回から スーパータクシー君の話。
    相変わらず業界内部に詳しいこと。競争は厳しいし、変な客は多いしってあたりが細かく描かれる。

    真鍋ワールドにに入り込んで読んでいて、ふっと現実に戻ると現実も真鍋ワールドの延期のような気がする。周囲の散らかり具合とか家人の電話の声なんてのが地続きのように感じられる。

    闇金に落ちていくダメな人を抽出して描いているのだけど、もっと広く世界観そのもののようですね。

  • 笑うな!俺の父ちゃんを笑うな!!
    ちょっとだけ感動できる所もある話。
    主人公もいい味出してるしな。
    でも、最後はどう考えても最悪なシナリオしか思い浮かばないですね・・・

  • 白いくつ下!!大好き!!
    白いタイツ!!大好き!!
    が妙に印象的。
    今回もヘヴィーだなあ。。

  • タクシー運転手の話。
    借金まみれで、身動きができなくなってる人だらけ。
    それなのに自制できずに借金を増やすだけ。
    でも現実、こんな人たちが増えているのかもしれない。
    怖いな。。。。

    2009.4定価購入  /  2009.4.22読了

  • 中年になったら身だしなみはちゃんとしないとなあ。

  • 救いようのない境遇がこれでもかと凝縮。
    愛する娘を思い人間性を取り戻したかと思いきや、安易なオチを真鍋氏は許さない。
    最後のセリフはただただ虚しいだけ。

全24件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

漫画家。神奈川県出身。1998年、『憂鬱滑り台』で「アフタヌーン」(講談社)四季賞夏のコンテスト四季大賞を受賞、同誌同年9月号に掲載され商業誌デビュー。2011年、『闇金ウシジマくん』(小学館)で第56回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。その他著書に『スマグラー』『THE END』(講談社)などがある。

「2017年 『THE END クライマックス編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)のその他の作品

真鍋昌平の作品

闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする