風の大地: アジアサーキット (5) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1992年12月19日発売)
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091824653

作品紹介・あらすじ

ゴルフに全てを賭けた男・沖田圭介の青春を叙情豊かに綴った物語

▼第1話/わかれ▼第2話/イチョウの精▼第3話/せん別▼第4話/アジアサーキット▼第5話/フルスイング▼第6話/誤解▼第7話/グッド・ガイ▼第8話/アドバイス▼第9話/誘い ●登場人物/沖田圭介(鹿沼カントリークラブ初のプロゴルファー)、笠崎孝(沖田の先輩。通称夜這いの孝ちゃん)、チッタ(アジアサーキット第1戦での沖田のキャディ。フィリピン人) ●あらすじ/プロテストが終わってから2か月が過ぎた。沖田は、プロになったものの、まだトーナメント戦の出場資格は持っていない。そんな沖田に、資格を得る前に腕試しとしてアジアサーキット全戦に出場させてはどうかと、小針プロから提案があがった(第1話)。▼アジアサーキット間近のある日、沖田は歯の治療に行った。治療を待つ間に立ち寄った神社で、沖田は美しい女性に出会う。一方、凄みが増してきた沖田のプレーを見た笠崎と長谷川は、プロへの気持ちを新たにするのだった(第2話)。 ●本巻の特徴/第5巻では、沖田はフィリピンで行なわれたアジアサーキット第1戦で初陣を飾る。ここでも沖田の実力は遺憾なく発揮され、3日目を終えて5位に食い込む。 ●主な登場キャラクター/小針春芳(第1、4、6、8~9話)、支配人(第1~3話)、長谷川博(第1~3話)、石原建(第1、3話)、物部麗子(第2話)、ロジャー・デービス(第4~8話)、ボビー・ブロー(第4~8話)、笠崎孝(第9話)

坂田信弘の作品

ツイートする
×