Dの魔王 1 (ビッグコミックス)

  • 小学館
3.80
  • (39)
  • (59)
  • (51)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 454
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091825704

作品紹介・あらすじ

▼ジョーカー・ゲーム(1~5)▼幽霊(1~2)

●主な登場人物/結城(陸軍中佐。陸軍秘密諜報機関“D機関”の創設者。“魔王”と呼ばれた伝説のスパイ)
●あらすじ/大日本帝国陸軍中尉・佐久間は、参謀本部からスパイ養成所“D機関”への出向を命ぜられる。そこでは“魔王”と呼ばれる凄腕スパイ・結城中佐のもと、語学、変装、暗号術、はたまた金庫破りや拷問演習に至るまで、軍人への教育とは思えない訓練が課せられていた。そんなD機関のあり方に、筋金入りの軍人である佐久間は戸惑いを隠せなかったが…!?(ジョーカー・ゲーム/第1話)
●本巻の特徴/昭和12年。国際情勢が混沌を極める中、陸軍内に創設された秘密諜報機関“D機関”。そこで繰り広げられるのは、天才スパイ達による命賭けの騙し合い…! 最高峰ミステリー・コミック、待望の単行本化!!
●その他の登場人物/佐久間(陸軍中尉。参謀本部とD機関の連絡係を任ぜられる)、三好(D機関第一期のの少尉。有能な若手諜報員)、武藤(陸軍参謀本部の大佐。結城とD機関を嫌う)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原作ジョーカーゲーム未読。コミック版は読みやすく、上手くコミカライズされているのではないかと思います。続きが気になりますが、まずコミックを楽しんでからにするか、原作に手を出すか、悩ましいところです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「悩ましいところです」
      私は先にマンガを読んでから、原作に進みました。それが良かったのかどうかは何とも言えませんが、どちらも充分楽しみました...
      「悩ましいところです」
      私は先にマンガを読んでから、原作に進みました。それが良かったのかどうかは何とも言えませんが、どちらも充分楽しみましたね!
      2012/12/28
  •  1-3まで(つまり全巻)読破。
     原作は読みたいだが、なんとなく原作に忠実に、作画担当の持ち味が出ている気がする。
     原作を理解し消化できている印象。 

     根っからの陸軍軍人がスパイに対して、
    「そんな卑劣なことは必要ない。天皇陛下がついているのだから我々の力をもってすれば敵を殲滅できる!」みたいなスゴい精神論を展開していましたが、なんか当時ありそうだな…と感じてしまいました。

  • 結城中佐のスパイで魔王な雰囲気は小説の方に軍配が上がるものの、漫画化が上手くいった例の一つかと思う。
    2巻以降、どの話を取り上げるのか、またはオリジナルストーリーに変わるのか、楽しみ。

  • 小説、アニメと違う、少し大人のようで
    コミカルな部分がある一冊。
    佐久間さんが根っからの軍人で
    クソ真面目すぎる上に、
    騙されやすいところがチャーミングに
    思えました。

  • アニメ未視聴。
    スパイ養成もので面白かった。
    仲間も信じず、出し抜かれないようにとっさに判断を下す頭脳ってすごい。
    1冊でわりとまとまっていたけど、続きも楽しみ。

  • 面白かったけど、原作を読んでオチがわかってたせいか、それほどワクワクしませんでした。絵が綺麗でした。

  • 映画化という事で再読。
    結城中佐のカリスマ性が凄い!映画版「ジョーカー・ゲーム」のコミカライズよりも、暗い内容。でも戦時中のスパイって実際こういうものですよね!?

  • 三好くんキャワイー

  • 全3巻。
    霜月さんの絵が好きでそこから見つけた漫画。
    面白かった。すんごく。
    ドキドキ。
    ジョーカー・ゲームっていう原作があるんだー。そっちも読んでみたいなぁ。


    「天皇が生きた神だと、日本人が平気で口にするようになったのはいつからか知っているか?
    …10年。
    20歳そこらの貴様にとっては大昔に思えるかもしれないが、たかが10年前のことに過ぎぬのだ。
    そのような同語反復(トートロジー)で仕込まれた今の天皇のあり方を問うて何がおかしい?
    貴様が何を信じていようが構わん。
    シャカだろうがキリストだろうがイワシの頭だろうがな…
    ただしー
    それが本当に自分の頭で考えた末に信じたものならばだ。」

    「死を選ぶくらいなら、どんな手を使ってでもその場を切り抜ける術を考えるべきだ!!」

  • 原作をわかりやすく。面白かったけど絵が好みじゃなかった・・・。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

「2018年 『漱石先生の事件簿 猫の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Dの魔王 1 (ビッグコミックス)のその他の作品

柳広司の作品

Dの魔王 1 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする