新ブラックジャックによろしく 7 (ビッグコミックススペシャル)

著者 : 佐藤秀峰
  • 小学館 (2009年10月30日発売)
3.49
  • (9)
  • (27)
  • (29)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :279
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091827005

新ブラックジャックによろしく 7 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤城さんが最高にかわいい。抱きしめたい。守りたい。

  • どうなる

  • おもしろい!
    先が気になる!

  • 何が正しいんだ!?
    1人の命で100人の命が救えるかも知れない臓器移植。死のリスクを目の前に「倫理」「平等」などという言葉がそのリスクを回避しようとしてくる。リスクを伴う進歩か?リスクを回避する保守か?
    正しさはどこにあるんだ??
    などと考えると、私の思考をサンデルが邪魔する・・・

  • 恋愛ってポイントで読むと
    皆川さん、眉間にシワ寄せ過ぎ。
    この男!って決めたのならもっと腹据えていんじゃね?
    対する斉藤先生は
    お医者さんとしては信用できるかたかもだけど
    オトコとしては『ダメんズ』だなぁ。

    基本、お互いに自分のテリトリのことしか見えてないこのふたり
    別れた方が幸せになれると思うの。
    うん。そうしなよw

  • 読了。

    毎回じっくり時間をかけて読まないとダメな本。
    今回もじっくり時間をかけて読んだ。
    考えさせられた。
    脳死って、医療って・・・。

  • なんなのよあの親父はw


    ちょっと恋愛面が濃すぎじゃない…?
    皆川→赤城への感情が重すぎというか。

  • 重いな・・・・。
    斉藤先生が、同僚ナースの赤城さんに腎臓を提供するのは
    やっぱりなんだかな。。恋人の皆川さんだって別れようと思うのは当然。
    愛する人の体の一部が自分じゃない女の体の一部になって生き続けるんだから。

    2009.12定価購入  /  2009.12.5読了

  • 移植の話が続きますが、重い…
    確かに見ず知らずの他人に移植したいって話を親が聞いたらどう感じるんだろうな…

  • 赤城への腎移植を実現するために、斉藤は自ら倫理委員会の場に立つ。この移植は当事者ふたりだけの問題なのか? 委員会の面々、赤城の母、恋人の皆川、そして自身の両親…それぞれの価値観と倫理観が錯綜する移植編、正念場!!

全13件中 1 - 10件を表示

新ブラックジャックによろしく 7 (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

佐藤秀峰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新ブラックジャックによろしく 7 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする