俺とねこにゃん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091827272

作品紹介・あらすじ

▼第1話/俺とねこにゃん▼第2話/消えたねこにゃん▼第3話/うれしいねこにゃん▼第4話/初めてのねこにゃん▼第5話/カミナリとねこにゃん▼第6話/ひもじいねこにゃん▼第7話/モミモミねこにゃん▼第8話/戦うねこにゃん▼第9話/二階のねこにゃん▼第10話/開けるねこにゃん▼第11話/なめるねこにゃん▼第12話/ゲーするねこにゃん▼第13話/遥かなるねこにゃん▼第14話/タマ付きねこにゃん▼第15話/弟妹とねこにゃん▼第16話/春のねこにゃん▼第17話/夜のねこにゃん▼第18話/なかぬねこにゃん▼第19話/見つめるねこにゃん▼第20話/ベランダのねこにゃん

●主な登場人物/俺(漫画家でこの本の作者。飼い猫の“ねこにゃん”を溺愛)、奥さん(“俺”の奥さん)、ねこにゃん(捨て猫だったが“俺”の家の里子に)
●あらすじ/締切に追われ、今晩中に原稿を仕上げなければならない漫画家の“俺”。そんな忙しい中でも“俺”は飼い猫の“ねこにゃん”を可愛がらずにはいられない。でも、遊ぼうとすれば無視され、甘えてきたかと思えば痛いぐらいザラザラの舌で舐められ、そしてついには怒りの噛みつきで流血。それでも可愛いねこにゃんに夢中の“俺”だけど、さて締め切りは…?(第1話)
●本巻の特徴/猫って生き物は、遊んでくれないし、臭いし、部屋を汚すし、下手すればケガさせられるし。それでも“ねこにゃん”を愛せずにはいられない作者が描く、オールカラー「ねこ愛」コミック!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うぉおおおおおおおおおおおおお!!!!

    ねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃんねこにゃん!!

    人間が全裸?細かいこたぁいいんだよ!

  •  猫好き漫画家が綴る、愛猫との日常。携帯サイトでの連載をまとめたものです。下ネタも含めてきわどい表現の多い漫画家ですが、本作で描かれる猫への愛情も、かなりマニアック。

  • 唐沢なをきは新刊が出たら、とにかく買う作家のひとりである。が、実は全部買うわけではない。例えば犬ガンダムのシリーズは決して嫌いではないが、こちらの方がそこまでカンダムに思い入れがないので、1巻を買ったがその後は買っていない。俺と猫にゃんも、こちらに猫に対する思い入れがないので、しばらく買わなかったのだが、さすが奇才唐沢なをき、素晴らしい出来であります。凡百のネコまんがとは一線を画する変態ぶり。2巻も買います。

  • 最近猫マンガづいているので、この本も読んでみました。
    愛猫に首ったけの毎日の様子が描かれています。
    奥さんも猫好きなんですね。二人とも、猫にいいように転がされすぎており、猫かわいがりっぷりはかなりのものです。

    イラストが独特で、愛情を一身に受ける猫が、あんまり可愛くないところに、さらなる親バカっぷりを感じます。
    載っていた写真を見たら、とってもかわいらしい、ハンサム猫ちゃんでした。

    とにかく猫大好き!うちの猫が世界一!とアピールしてくる漫画です。
    猫を愛してやまない人には、リアルに「あるある」と同感できるところがたくさんあるでしょう。
    巻頭から巻末まで続く彼らの溺愛っぷりに圧倒されますが、私はそれよりも、人間二人がなぜいつも裸で描かれているんだろう?というところが気になってたまりませんでした。

  • 猫飼いにしかわからない、この馬鹿馬鹿しいぐらいの一方通行な猫愛!

  • 内容的にはとてもよく解る。
    ネコ飼いなら誰でも思うひとコマをよく描写してあると思う。

    すっごくネコらしいネコ。ねこにゃん。
    それを愛してやまない飼い主達。
    解る。非常によく解る。

    軽く読めて 時々 ドツボ。
    ハマったら愛猫を重ねて更にドツボ。
    エンドレス。

  • [1巻まで発売中]

  • 唐沢 なをき 先生の猫に対する親バカっぷりがたっぷり詰まった一冊。かまれても引っかかれても猫はかわいいのである!愛らしいのである! という気持ちが痛いほど(物理的に?)伝わってくる懇親の猫バカ本。
    猫好きにお勧めする一冊です。

全9件中 1 - 9件を表示

唐沢なをきの作品

ツイートする