釣りバカ日誌: カマスの巻 (37) (ビッグコミックス)

  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091828279

作品紹介・あらすじ

ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!!

▼第1話/アモーレ・ラメール・アイ・ナメール▼第2話/彼は私の大本命▼第3話/ポスト薫ちゃん▼第4話/以心伝助▼第5話/佐々木さん的『生きる』▼第6話/紛れもなく佐々木です▼第7話/生ある限りキミと釣るらん▼第8話/生かせるものなら▼第9話/カエルに睨まれた蛇 ●主な登場人物/浜崎伝助(釣りバカで万年ヒラのペケサラリーマン)、鈴木一之助(鈴木建設社長。伝助の影響で釣りバカに)、浜崎みち子(伝助氏には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助、みち子の可愛いひとり息子)、佐々木和男(鈴木建設取締役兼営業本部長兼営業部第三課課長) ●あらすじ/一之助と光三から、薫と三枝との仲を取りもつように頼まれた伝助。「お任せあれ」とばかりに奔走するが、どうも薫の相手を間違えているようで…(第1話)。▼娘の薫は三枝と結婚するものとばかり思っていた光三は、突然悟と結婚すると言われて大爆発! 烈火の勢いで、一之助と伝助の所に怒鳴り込む!!(第2話)。 ●本巻の特徴/本巻では、会社の人事に右往左往させられる佐々木と秋山の奮闘ぶりが描かれている。 ●その他の登場人物/超エリートの新営業三課長・土井薫(第1、2、3、4、5、6、7、8、9話)、丸菱銀行頭取で薫の父親・土井光三(第1、2、3話)、薫の幼なじみ・川島悟(第1、2、3話)、企画会社・バード社長・三枝圭吾(第1、2話)、鈴木建設専務・秋山(第6、7、8、9話) ●その他のデータ/鯛釣り(第2話)、ハヤ釣り(第7話)、ヤマメ釣り(第8話)▼裏表紙の伝助釣り講座~カマス

やまさき十三の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×