MASTERキートン (14) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1993年8月発売)
3.78
  • (66)
  • (33)
  • (101)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 578
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091828545

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蜀崎ェュ縲よ擲谺ァ遉セ莨壻クサ鄒ゥ蝗ス蟠ゥ螢雁セ後?豺キ荵ア縺ソ縺溘>縺ェ隧ア鬘後′蜃コ縺ヲ縺上k縺ィ縲√←縺?@縺ヲ繧ゅ?皿ONSTER縲上↓諢剰ュ倥′鬟帙s縺ァ縺励∪縺??

  • この巻は、今までの中で特に美人が多い気がする。
    それで、調べてみると
    「浦沢は登場キャラクターについて海外の映画俳優・歌手などをモデルにすることが多い」
    とありますが、美人についてはそういう方法をとっていないような気がするのですが、どうでしょう。

  • 懐かしい話でした。面白いですね。。

  • ぱっと見だけでは分からない、張り付いた笑顔の下の人間の本性があぶりだされる。いかにもよりもずっと怖い。

  • だから言ったんだ。お前が現われるとろくなことにならない…

    (CHAPTER 1 バラの館)

  • 光なき世界の住人

  • 本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

    浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

全8件中 1 - 8件を表示

勝鹿北星の作品

MASTERキートン (14) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする