ヌードファイター柚希 1 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091828750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脱いだ分だけ強くなる、分かりやすいエロ要素だけど、自分にハマらなかった。
    笑いのセンスが自分には合っていないのかも?
    今の所、次の巻を買いたいという気にはなれていない。
    もっかい見直してみようかな。

  • 1〜5巻読了

  • 脱げば脱ぐほど強くなると裸拳使いの話。割と使いこまれた設定ですが、BL調な絵が良さげ。主人公も敵も裸ですが、恥ずかしい感情はないのでまるでエロくないです。

  • 酔えば酔うほど強くなるのが酔拳ですが、このマンガは

       脱げば脱ぐほど強くなる裸拳

    の総本家を巡って戦われるエロバトル馬鹿マンガです。

    表紙の女の子が「脱衣45%!」と叫んでは服を脱ぎ戦うわけですが、総本家の座を狙う分家(?)の女の子達も脱いで戦います。

    出てくる女の子は可愛いし綺麗なんですけど、チラリズムとか恥じらいといった要素が無いため、思ったほどエロくはないです。

    ただ1巻の時点で「脱衣90%!」とかやっちゃっている時点で「強い敵のインフレ化」が発生している状態。着ようと思えばいくらでも着られますが、脱ぐのにはどうしたって限界があります。100%になっても倒せない相手が登場したらどうするのか。たぶん何も考えずに始めちゃったんだろうなぁ。今後どうなるか気になりますし、3巻まで発売されており既に購入済み。明日図書館で読みます。

    ちなみにあとがきによると、最初は男同士の裸拳を巡るバトル物を考えていたそうですが、担当編集者の「誰も男の裸なんて見たくないだろ」の一言でボツになり、設定を女の子に変えた模様。同人誌やBLあたりなら受け入れられそうな気はしますが、マーケットシェアは狭いでしょうなぁ。

    ところで似たようなマンガは昔にもありまして、永井豪の「けっこう仮面」なんかはそれに当たるのではないかと思います。

    こちらは「顔をかくして体かくさず」の言葉通り、最初からすっぽんぽん。月光仮面の節で「顔は誰かはしらないけれど 肉体(からだ)はみいんな知っている」の歌が流れてきて、とんでもないところから登場。「疾風のようにあらわれてタップリみさせてさってゆくー」と歌いながらヌンチャク片手におっぴろげジャンプなどを駆使し、悪い教師や敵を倒していくというストーリーです。

    「ヌードファイター柚希」が受け入れられるのであれば、けっこう仮面は一読しておいてもよいかと思います。比較してみると、けっこう仮面の方がぶっとんでますので。

  • むしろ懐かしい雰囲気のバカ漫画

全5件中 1 - 5件を表示

ヌードファイター柚希 1 (ビッグコミックス)のその他の作品

為永ゆうの作品

ツイートする