太陽の黙示録 第2部 建国編 5 (ビッグコミックス)

  • 小学館
3.70
  • (2)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091830098

作品紹介・あらすじ

大震災が日本を襲う! 迫真の近未来英雄伝!

震災で世界全土に散らばった、日本人避難民たちの第一次日本帰還計画「Dデイ」は、柳舷一郎の指揮で成功裡に幕を下ろそうとしていた。だがその矢先、不運な事故で人命が失われた。「非武装不服従」を掲げるリーダー舷一郎の下す処断とは? そしてその5年後、世界は異常気象の恒常化で慢性的食糧難に陥っていた。その中にあって舷一郎の再生特区日本は、大穀倉地帯として順調に国家の体を整えつつある。そこへ北から脱出してきた3人の若者は、三者三様の事情を隠し持っていた。壮大なる近未来英雄叙事詩に、ついに新たなる世代が登場!



【編集担当からのおすすめ情報】
大震災で日本が真っ二つに割れる……ところから始まるこのドラマを、もし映画化しようとしたらどれほど予算が掛かるでしょうか。そしていくらお金を掛けても、これほどの迫真性が得られるでしょうか。まさにコミックでこそ、かわぐちかいじだからこそ描き得る、極大スケールの近未来ドラマです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の本

  • さらに、一気に5年が過ぎました。
    けっこうなスピードで、物語が動いていきます。

    世代交代みたいなことまで、かきたいのかな?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太陽の黙示録 第2部 建国編 5 (ビッグコミックス)のその他の作品

かわぐちかいじの作品

ツイートする