ギャラリーフェイク: 林檎を持つ女神☆(ヴィーナス)☆ (3) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.41
  • (10)
  • (17)
  • (52)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 260
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091830234

作品紹介・あらすじ

美術界を舞台に繰り広げられる、芸術をめぐるミステリー!

▼第1話/驕れる円空▼第2話/質屋とマティス▼第3話/モンパルナスの“秘宝”▼第4話/アレゴリ-(寓意)のある風景▼第5話/海底に眠る夢▼第6話/浮世絵の魔力▼第7話/林檎を持つ女神(ヴィ-ナス)(前編、後編)▼第8話/国宝の守り人 ●登場人物/藤田玲司(ニュ-ヨ-ク・メトロポリタン美術館元学芸員で贋作専用の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-)、サラ・ハリファ(Q共和国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(高田美術館館長) ●あらすじ/フジタは、家・財産を差し押さえられた会社社長の美術コレクションの鑑定に来ていた。たくさんのコレクションは二束三文のものばかりであったが、国宝級の真作とおぼしき円空の「日光菩薩」があった。しかし、喜び勇んで持ち帰った日光菩薩は、プロの目にも本物に見える巧妙な偽物であった…(第1話)。▼北武百貨店の美術部に勤務する三木は、部長とともに、得意先である南総物産へ挨拶に来ていた。南総物産の新社長は、厳しい審美眼を持った人であった。しかし、前社長が今まで北武で購入した美術品は、3流品ばかりで、それを不快に思った新社長は、今後北武と美術品の取り引きをすることはないと言いだした。三木は、最良の美術品を提供するのでもう1度チャンスが欲しいと提案、1週間の期限を与えられる。マティスの絵を用意してもらおうと、三木はフジタのもとへと訪れるが…(第2話)。▼モディリアニゆかりの地、パリ・モンパルナスのホテルに、フジタは宿泊した。そのホテルはフジタにとって、思い出深いところだった。しかし、ホテルは立ち退きを請求されていた(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/長谷万次(第1話)、ラモス(第5話)、エリザベータ(第6話)、三田村小夜子の妹・三田村みちる(第7巻)、知念(第8話)、賀茂水仙(第8話) ●その他データ/世界の美術品~円空「日光菩薩」(第1話)、マティス「ダンスのための習作」(第2話)、ボージャン「チェス盤のある静物」(第4話)、春画(第6話)、ミロのビーナス(第7話)、光悦の茶碗(第8話)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんとなく知識が増えるコミック

  • 中身の濃さすごい。読みながら地図を見たり絵を検索したり。

  • 副題は「林檎を持つ女神(ヴィーナス)」

    トレジャーハンターのラモス。
    国宝Gメン知念。
    ミロのヴィナスは二流品とフジタ。

    (2005年読了)

  • 細野不二彦

  • 知人から借りて。
    デパートにおける美術品販売の問題点や、美術品欠損部の修復の是非など、様々な問題点や価値観を解りやすく描写してくれるので面白い。勿論娯楽としても。アレゴリーの粋な展開はドラマティック。

  •  美術をテーマに取り上げた漫画で、主人公の藤田の美へのあこがれ・探求・崇拝がわかりやすく、時には難解に描いてあります。
     一話完結なので、どこから読んでも読みやすく、おもしろいですよ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

細野 不二彦(ほその ふじひこ)
1959年生まれ、東京都出身。大学時代からスタジオぬえで活動。大学在学中の1979年、『マンガ少年』掲載の「クラッシャージョウ」(高千穂遙原作作品のコミック化)でデビュー。
アニメ化された『さすがの猿飛』及び『Gu-Guガンモ』などのコメディ作を手がけたあと、青年漫画に進出。以降も『太郎』『ギャラリーフェイク』『ダブル・フェイス』といったシリアス路線の人気作を次々と生み出し、長年に渡り一線級の人気を誇っている。

細野不二彦の作品

ツイートする