スプライト 3 (ビッグコミックス)

著者 : 石川優吾
  • 小学館 (2010年6月30日発売)
3.55
  • (6)
  • (24)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :213
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091832092

スプライト 3 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白くなってきた。スーちゃんの弟が何やらカッコよさげでいい。が、あんまり神みたいな存在にしちゃうと「なんでもあり」になっちゃうので程ほどがいいな。危ない集団だと思われた、老化子供らがまっとうな生活をしている描写があるのも良かったな。唯一?の頼れる大人ヤクザさんが頭を下げていたのも。

  • 石川優吾初めて知ったが、良い

  • 現代とつながるメールの謎、なんだか小出しの謎は深まるばかりのような気がする。

  • 「漂流教室」「自殺島」などの日常崩壊系サバイバル漫画が好きなので手に取りました。3巻まで読了。

    ”時間”が押し寄せてくる、という設定は面白いのですが…
    全体的にキャラクターがぶれているように感じました。
    まずストーリーやギャグありきで、それに合わせてキャラクターを歪めてでも動かせているような印象。
    「これまでの印象だと、ここでこの動きはないのでは?」と感じるシーンがいくつもあり、違和感を覚えました。

    また、サバイバルに期待していただけに、その要素がかなり軽く描かれていることも残念です。
    奪われ減っていくだけの食料や不衛生な環境にも、特に不安や絶望を感じる描写はなく
    極限状況に向かう大きな恐怖、焦燥、切迫感がないのでリアリティに欠け、物足りませんでした…。

    あの環境での怪我が、感染症の話や熱などなしにすぐ治ってしまったところで、4巻以降は棚に戻しました。

全5件中 1 - 5件を表示

スプライト 3 (ビッグコミックス)のその他の作品

石川優吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする