家栽の人 (11) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.35
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091832719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新キャラが出る度に角がとれていくのが面白いです

  • この巻は初めての全巻通しての長いストーリーだった。かといって、問題が複雑なのではなく、一人の若い判事補とすれた弁護士が徐々に人間性に目覚めていく過程を追っている。まだ完成ではなく、続きがあるが、長いストーリーも読み応えがあった。

    P195「せめて正義の凶々しさに飲み込まれないように微笑んでいたい・・・・・・力の弱い少年を正義で刈り取るのは最後の手段でしょう」「裁判官や弁護士としてできることは残ってないかもしれない・・・・・・でも、私達は人間でしょう?」

全2件中 1 - 2件を表示

家栽の人 (11) (ビッグコミックス)のその他の作品

毛利甚八の作品

ツイートする