ホムンクルス 13 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.54
  • (11)
  • (13)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 229
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091833532

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術によって、人間の潜在意識がホムンクルス(化物、歪なカタチ)として見えるようになったカーホームレスの名越は、それが自らの心の歪みと呼応していることを知り、封印していた過去と向き合うことを決意する。
    方言や顔へのコンプレックス、下ばかり見ていた青春時代、唯一、心を見てくれた彼女「ななこ」と付き合っていたこと、整形手術をして外見をまったく変えたこと、数字を操り金とモノにまみれたエリート銀行員時代、その時に寝た女の数々…次々に過去が判明しだした途端、ホムンクルスが見えなくなった名越は、ホムンクルスなしでは既に日常を生きられず、今度は自らの手で再びトレパネーションを決行した。「異形」の日常を取り戻した名越は、銀行員時代に出会った女「ななみ」と出会う。顔がコロコロ変わるホムンクルスのななみと何度か会ううちに、名越は彼女が、整形した後のモトカノ「ななこ」ではないか?と疑念を抱くようになる。
    様々な証拠から、「ななみ=ななこ」であると確信を深めた名越は、その真相を突き止めようと対峙するが…!?(Amazon紹介より)

  • 整形をする前の自分を描いて見せたという女性と、ホテルで愛人のような所業を繰り返す女性との間にある共通点。名越は求める答えに辿りつけるのか。

  • 進みが遅い。先が気になる。

  • なんか絵がいつもと違うような…
    気のせい?それとも前から?
    そんな伊藤とのやり取りは割と好き。
    女もなかなか気になる存在だし。

  • 最終話まであと3巻。作者もどう進めたらいいかわからなくなってきたのでしょう。トレパネーションをした直後とくらべると、だいぶストーリーも収束に向かう感じで進んでいます。ここまで読んできたからには最期まで読んでみるかなぁとおもいます。

  • ◎ダ・ヴィンチ2004年10月号
    「今月のプラチナ本」。

    2010年9月10日(金)読了。

    2010−75。

  • 名越の昔の彼女、その正体とホムンクルスがどう繋がるのか。それともすべてが過去を消したことのトラウマなのか。残り3巻らしいので、二転三転もう少しありそうですね

  • おもしろい

  • キャラクターの見せ方が相変わらずうまい、そして顔がころころ変わるのっぺらぼうの女も名越さんをトラパに誘った医者が解説してくれるのであぁなるほどと種をあかせれた気分になる。

    名越さんは自分自身におこるホムンクルスという現象をどう見つめていくのだろうか。

  • 購入:2010/8/3、読了:2010/8/3

全13件中 1 - 10件を表示

ホムンクルス 13 (ビッグコミックス)のその他の作品

山本英夫の作品

ホムンクルス 13 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする