7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 小学館
3.81
  • (28)
  • (56)
  • (49)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 421
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091835789

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ『7人』の意味もわからないし、続きが気になる。

  • -

  • ついにでたあ〜!

  • やっぱり話の順番がおかしいような気はするわね。

  • マンガ

  • ランスもワースも男前でんがな。

  • 最初でいきなり、2つの話しがつながる。

    1巻の冒頭部分は時系列的には、この後になるんだと思う。少し面白くなってきた

  • 砂糖は高価な商品である。

  • 「ハムレット」「マクベス」「ロミオとジュリエット」「リア王」…。
    今もなお人々を魅了してやまない数々の名作を生み出してきた天才、ウィリアム・シェイクスピアとは一体何者だったのか。
    ランス・カーターと名乗る青年は、ある日黒髪黒瞳の中国人の少女を助ける。その出会いが全ての始まりだった。

    シェイクスピアもとい、ランスさんステキだなぁ(笑)
    きちんと漫画を読むまでは、ヒゲが…カボチャパンツが…っていうかタイツが…とかしょうもないことが気になってましたが、そんなのもうなんの障害でもありません。ステキです!(笑)
    リーが初めて名前を読んでくれたその足で、ストール買ってきてくれたのはもはや恋と期待していいですか。勝手に期待しちゃいますよ!

    とにかくリーが魅力的な少女で。
    献身的なミルに教えてもらって、言葉が喋れるようになって、ランスそしてワースとも打ち解けていく過程が良かったです。
    ってかワース! 君、ツンデレだな!(笑)

    ランスのお芝居への情熱、そしてリーの美しい詩を生み出す才能、それがこの先どう「ウィリアム・シェイクスピア」に繋がっていくのか。楽しみです。

  • 波乱万丈の幕開けから落ち着いた生活に入るリー。日常の描写が多く興味を引かないまま終わってしまった。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ハロルド 作石(ハロルド さくいし)
1969年生まれ、愛知県春日井市出身。1987年、第17回ちばてつや賞優秀新人賞を受賞。(『そうはいかん』作石智祥名義)。1990年、『ゴリラーマン』で第14回(平成2年度)講談社漫画賞一般部門受賞。2002年、『BECK』で第26回(平成14年度)講談社漫画賞少年部門を受賞し、テレビアニメ・映画化される。その他代表作に『ストッパー毒島』『RiN』、そして『7人のシェイクスピア』がある。

ハロルド作石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

ツイートする