Monster (2) (ビッグコミックス)

著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (1995年9月1日発売)
3.62
  • (97)
  • (65)
  • (243)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :1071
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091836526

Monster (2) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼第1話/ハイデルベルクの少女▼第2話/白馬の王子様▼第3話/失踪記事▼第4話/戦慄の誕生日▼第5話/惨劇の館▼第6話/あなたは悪くない▼第7話/追われる男▼第8話/老兵と少女●天馬賢三(デュッセルドルフ・アイスラー記念病院の外科部長)、ニナ・フォルトナー(ハイデルベルク大学法学部生。アンナ・リーベルトであることをテンマに告げられる)●あらすじ/ニナ・フォルトナーは、連邦検察庁の検事を目指す、ハイデルベルク大学生。充実した学生生活を送っている彼女のもとに、ある日、1通の不可解な電子メールが届く…(第1話)。▼9年前に病院から失踪した双子の兄妹を探していたテンマは、ミュンヘンでヨハンに語学を1年間教えていたという老人に出会う。その老人から、ヨハンの妹がハイデルベルクにいることを突き止めた…(第2話)。●本巻の特徴/この第2巻では、これまでに起きた殺人事件の犯人がヨハンであることが判明すると同時に、テンマが恐ろしい「モンスター」を生き返らせてしまったことに気付くまでが描かれている。●その他の主な登場キャラクター/マウラー記者(第3話)、メスナー刑事(第5話)、ミュラー刑事(第5話)、ルンゲ警部(第6話)、エヴァ・ハイネマン(第7話)

  • 読書録「MONSTER2」4

    著者 浦沢直樹
    出版 小学館

    p46より引用
    “姿を消す頃には、ほぼ完璧に二か国語をあ
    やつれるようになった……
    たった12歳の子がね……”

    目次から抜粋引用
    “ハイデルベルクの少女
     白馬の王子様
     失踪事件
     戦慄の誕生日
     惨劇の館”

     天才的技術を持つ脳外科医を主人公とした、
    長編サスペンス漫画。
     大学の法学の講義、教授の質問に返答が無
    く沈黙が流れる教室。静寂を破ったのは、遅
    刻常習者が扉を開ける音だった…。

     上記の引用は、主人公が命を助けた後、病
    院から姿を消した双子の男の子の方に、英語
    とフランス語を教えた老人の言葉。
    天才というのはこういうものなのでしょう。
    同じ事をしても、その事の身につき方が、凡
    人とは全く違うのでしょうね。
     時が経ち、青年となった殺人犯を主人公が
    追いますが、主人公が自分の立場をまた危う
    くします。医者として正しくあろうとしたが
    ゆえ、苦しむことになった主人公は不運とし
    た言いようがありません。

    ーーーーー

  • 老兵と少女が最後に笑顔になってくれて良かった。。

  • 九年経っても全く老け込んでない

    老兵と少女のお話は涙腺緩みました

  • これからのことを

  • ニナ……双子の妹……が兄の姿を見て記憶を取り戻す。
    一方テンマは指名手配され、殺人術を習いに行く。

  • 双子の妹の現在と、突き進むDr.テンマ

    :)

    第3巻 個人的名言
    「あえるかどうかわからないが............
    いかなくちゃならないんだ.........」

  • 「老兵と少女」のエピソード好きだ。

  • ニナは実はアンナ。
    ヨハンの双子の妹だった。
     
    20歳の誕生日にニナを迎えにいくヨハン。
    医師を辞職し銃を学んだテンマ。
     
    死ぬ必要のない人までも冷酷に惨殺される・・・
    こんな「絶対悪」とは関わらないほうがいい。
     
    テンマは責任感強すぎる。

  • 断捨離本、2013春。

全23件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする