高校球児 ザワさん 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

著者 :
制作 : 三島 衛里子 
  • 小学館
3.83
  • (19)
  • (38)
  • (27)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 345
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091837332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バスケ部のイケメン、動く!

  • 三年生引退。

  • 三年生が引退したり守口と花村がぶつかり合ったりザワさんが告白されたり。変化が起きようとしているようにもみえるが、次巻になったら何事もなかったかのように進みそうで展開を読み切れない。

  • 1巻であったフェチ要素に関しては3巻あたりからほとんど影を潜めて徐々に、しかしはっきりと青春部活漫画へと変化してきている印象。1巻から流れで読んでいるとあきらかにテイストをフェチ→コメディ→青春→スポ根と変化させてきていて、マンネリ化させない工夫がされているのがよくわかる。

    また、セリフが極端に少なくて1話が数ページしかない構成ではあるが、一コマあたりに詰め込まれた情報量が非常に分厚くて読むのに時間がかかる(褒め言葉)。
    背景・キャラクターの表情・コマの隅の脇役達などから物語の裏側にある設定や感情を読み解いていくのが本当に楽しい。豊かな漫画だと思いました。

  • 高田君はかっこいい。

  • 高校球児をやっている女子高生とその周辺の、いろいろありはするけれども変わらない日常を描いたショートコミック。6冊目。

    兄がエースで、日々野球。
    それで不満があるように見えないザワさんの、あまり表出しない内心が書かれることはない体裁で、1巻はすごく新しく面白いと思っていたが、6冊まで来てしまうと動きの無さに飽きを感じたりもしていたのだ。
    まあ、多くの高校生球児は本気ではプロとかになれるとは思っていないだろうし、そう考えるとザワさんのメンタルは彼らに近いのかもしれないが、それが表に出ないと、画面としてはそれまでと変わらない。
    バスケ高校生から告白されて、何かが変わるかどうか。

  • とある野球部(と周り)の日常マンガ。

  • ザワさん、こーちゃんのほかにもう一人お兄ちゃんがいるんだ!!

  • 出るスパンがはやいね

  • ザワさんはもとより、
    周囲を取り巻くチームメイトさんたちのキャラクターが
    だんだん明確になってきて、
    相変わらずあっさりめながら、お話に厚みが出てきたように感じます。

    まさか花村があんな面を持っていたとはw。

全19件中 1 - 10件を表示

高校球児 ザワさん 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のその他の作品

三島衛里子の作品

高校球児 ザワさん 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

ツイートする