憂国のラスプーチン (2) (ビッグコミックス)

  • 小学館
4.31
  • (15)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091838599

作品紹介・あらすじ

中身はほぼ真実!国会議員の愛読者増加中!

元外交官の主人公・憂木衛は、背任と偽計業務妨害の容疑で
東京地検特捜部に逮捕されたものの、断固として無実を主張する。
手こずった検察は、周囲の関係者を続々と逮捕し始めた。ロシアで
親しくしていた商社マン、筋の通らない事は納得しない外務省の同僚……
いずれも憂木が一目置く、気骨ある男ばかり。
ところが皆、次々と憂木の罪を認めていく……!?
一方、憂木が尊敬する都築議員も逮捕されるが、断固として無実を主張。
すると検察は、難病で治療中の元女性秘書を逮捕した。逮捕・勾留されると
満足な治療を受けられず、命に関わると都築は焦るが……?
容疑者を”落とす”ためには、逮捕して拘置所に監禁し、罪を認めるまで
ずっと保釈しないというのが、検察の国策捜査の実態なのだ。
憂木はどう対抗するのか!?

【編集担当からのおすすめ情報】
地方検察庁特別捜査部、通称“特捜部”は、どういう取調べを行うのか?
それを知るには絶好の一冊です。前半は、かねてから問題視されている”人質司法”の実態。
後半は外務省や検察など、”エリート官僚”たちのお寒い人間的本質(笑)に迫ります。
本作品ですが、国会議員に皆さんに、実はよく読まれていることが判明しました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • この本に書いてあるとおりに北方四島の領有権を主張されましたね。もっと優秀な政治家が欲しいです。

  • 読めば読むほど外務省はダメだなぁと思うけど、描いている人が外務省に対しての気持ちを考えると割り引いて読む必要があるのかもしれないとも思う。でも、結局お役所の官僚に対して、素晴らしい人だという気持ちを持っていないので、読めば読むほどそうなんだろうなぁと思ってしまったり…

  • 何時の間にか2巻がでてた。伊藤潤二の書くホラー調の検察と事務官がいい!ただ、佐藤優と思しき主人公が実物と違いすぎて内容の信憑性を減殺させている気がします。。

  • グズグズの関係…

  • 検察とか外務省ってこんななの? ストーリーにしたがってっていうのは他の事件でもあったっけ。
    むね…いや、ミネオさんがとってもいい人に思えてくるんですが。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1960年東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、在ロシア日本大使館に勤務。
帰国後、外務省国際情報局で主任分析官として活躍。
2013年、『国家の罠』で毎日出版文化賞を受賞。

「2019年 『世界宗教の条件とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

憂国のラスプーチン (2) (ビッグコミックス)のその他の作品

佐藤優の作品

ツイートする