高橋留美子傑作集 運命の鳥 (ビッグコミックススペシャル)

著者 : 高橋留美子
  • 小学館 (2011年7月15日発売)
3.80
  • (14)
  • (20)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :199
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091838872

高橋留美子傑作集 運命の鳥 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「専務の犬」「Pの悲劇」「赤い花束」と比べて明らかに残念な仕上がり。
    何と言うか、若さが無い。そしてるーみっく独特のファンタジーっぽさも無い。
    今までは明るい話は勿論の事、暗い話でも生き生きとしたキャラクターが魅力だったのに
    今回はそれをあまり感じられなかったんですよねえ
    たまたまなのか、それとも・・・

    漫画として守りに入っちゃったようなお話ばかりで少々残念でした。

  • 隣の奥さんとのエピソードが印象に残る。
    市井の人々だが皆キャラクターがある。

  • 2013.2.22

  • NHKBS観たんで久々に引っ張り出してきて全部読みました。
    いやあ生きてるってドラマですね。

  • 秀逸。

  • 「高橋留美子劇場」
    7/8・15(日)NHK 22時~ / 出演:小日向文世・原田美枝子・村上淳・水野美紀、ほか
    http://www.nhk.or.jp/drama/rumic/index.html

  • ああ、やっぱりるーみっくわーるど好きです。

  • 人生がたくさんつまってます。

    とにかくうまい。雑誌で全部読んでたけどやっぱり買ってよかった。

  • 短篇集も面白い。

  • 短編集が出てる、買おうかなと思いまあ良いかな、と思っていた所前に買った短編を鮮明に思い出しやっぱり買おうと決心。面白かったです。

    この方のこの年齢層が上の読者に描いたシリーズはスマッシュヒット、と言う訳ではないのですがジワリジワリと効いてくる話が多いです。ちなみに思い出した短編はおばあちゃんが臨死体験をして初恋の人の生まれ変わりと信じた青年を影ながら支えようとするお話でした。あのラストが良いんですよね。しょってるね~とか。

全16件中 1 - 10件を表示

高橋留美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

高橋留美子傑作集 運命の鳥 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

高橋留美子傑作集 運命の鳥 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする