ラストイニング 30 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.04
  • (8)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091838902

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 固いM高野球。

  • 野球マンガの傑作と思う。確かに、甲子園野球は、こんなことがありそう。

  • 甲子園に行っても面白~い!

  • 甲子園の時期に合わせて、甲子園初戦を発売するのがまたニクい。漫画的に引き延ばしにかかっている感はありますが、聖母戦の長さを経験したからか初戦(対M高)のテンポが良く、読んでいて小気味良いものがありました。続きに期待。

  • 野球オススメ度★★★★
    部活青春★★★

    この巻は前巻までのごたごたに一区切りがついて小休止という感じ。
    甲子園第1戦です。

  • ルール上グラウンドに立ち入れないマネージャー詩織がメンバーの配慮でマウンドに立って甲子園の広さに感じ入り、エースに向かってボールを投げてにっこり笑うシーンが、なぜか胸に迫る。彼女のこんな表情は初めてで、もうここで完結してもいいや、というぐらい。まあ、つまりこのシーンは詩織同様に普通ならグラウンドに入ることもできない僕ら読者をマウンドに連れて行く意図で設けられたわけで、さらには共に戦う仲間としての絆を再確認させているように思われる。甲子園出場が決まった時点で終了してもおかしくなった作品を、悪くいえば引き延ばしにかかっているところなので、ここで読者を改めて彩学野球部の一員に引き込む作戦なんだろうかなあと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

ラストイニング 30 (ビッグコミックス)のその他の作品

中原裕の作品

ツイートする